写真提供:マイナビニュース

写真拡大

おしゃれなカフェや魅力的な公園を見つけたら、誰かにおすすめしたくなりますよね。Googleマップの「ローカルガイド」に登録すると、レストランの口コミ情報を投稿したり、お店の写真をGoogleマップに追加したり、周辺地域の情報をほかのユーザーに紹介できるようになります。またポイントをゲットすれば、レベルによって限定の特典をもらうこともできます。今回はこのローカルガイドに参加する方法を説明します。

○ローカルガイドプログラムに参加する

ローカルガイドはGoogleマップのメニューから参加できます。左上の三本線のアイコンをクリックして、「自分の投稿」を選択し、「プログラムに参加」をクリックします。開いた先のページで「登録」ボタンをクリックすれば、すぐに登録が完了します。

ちなみにローカルガイドになるには、有効なGoogleアカウントを持っていて、かつ18歳以上である必要があります。

(図1)画面左上のアイコンをクリックし「自分の投稿」をクリック。

(図2)「プログラムに参加」をクリック。

(図3)プログラム利用規約の内容を確かめてから、2つのチェックボックスにチェックを入れて「登録」をクリックします。

(図4)ローカルガイドに登録されました。

ローカルガイドは「レベル1」からスタートしますが、最高でレベル5まで進みます。ポイントを獲得して、必要なポイントに達すると次のレベルにアップする仕組みです。

ポイントを得るには、口コミ情報や写真を投稿します。情報を追加、編集、更新するごとに1ポイント付与され、1件の場所につき5ポイントまで獲得可能です。レベル2になるには5ポイント獲得すればよいだけですが、最高のレベル5になるには500ポイント以上必要です。

注目したいのは、獲得したポイントに応じてさまざまな特典を受けられる点です。特典の詳細は、Googleマップ ローカルガイドのWebサイトを参照してください。次回は投稿の方法を紹介したいと思います。

(田中拓也)