『ワイルド・スピード ICE BREAK』ポスター (C) Universal Pictures

写真拡大

4月28日より公開となった『ワイルド・スピード』シリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』が週末3日間(4月28、29、30日)で興収8億6585万円を記録し、同シリーズ史上最高のオープニング成績で大ヒットスタートを切ったことがわかった。

[動画]映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』予告編2

これは最終興収35.4億円を記録した前作『ワイルド・スピード SKY MISSION』のオープニング対比117%という数字。さらに、全米ランキングでも怒涛の3週連続1位を獲得しており、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『ジュラシック・ワールド』を上回る史上最高額の全世界オープニングを切ってから早17日間で、全世界興収10億ドルを突破! 今年公開された作品では2番目の早さで到達するなど、全世界で大ヒット中だ。

5月3日からのGW5連休中にどこまで数字を伸ばすかにも注目だ。

『ワイルド・スピード ICE BREAK』全国356館710スクリーン
2017年4月28日(金)〜4月30日(日)
累計動員:57万9020人 興収:8億6585万円
※先行上映分を含む

『ワイルド・スピード SKY MISSION』全国336館640スクリーン
2015年4月17日(金)〜4月19日(日)
累計人員:52万2631人 興収:7億3564万円