【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は2日の定例記者会見で、南部の慶尚北道・星州のゴルフ場に配備された米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」について、初期運用能力を発揮できる状態だと伝えた。北朝鮮が韓国に向けて弾道ミサイルを撃った場合に即座に対応できる状態を備えていることを意味する。

 AFP通信によると、米国防総省の関係者は1日(現地時間)、THAADについて「初期迎撃能力に達した」とし、「運用準備が整った状態」だと伝えていた。
tnak51@yna.co.kr