写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●本場アメリカのBBQマスターが日本向けに開発
北米で60%以上の圧倒的なシェアを誇るBBQメーカーのトップブランド「Weber」(ウェーバー)は、日本市場向けに開発した本格的BBQグリル「キャンプQ(Q1250)」を2017年5月9日より、全国の家電量販店などで販売開始する。価格は49,990円(税込)。

○本場アメリカのBBQマスターが日本向けに開発した、コンパクトなBBQグリル

Weberは、1952年に誕生した会社で、北米・ヨーロッパ・オーストラリア・ニュージーランド・カナダでシェアNo.1を獲得している有名なブランドだ。今回発表された「キャンプQ」は、アメリカのBBQマスターが日本市場向けに開発したという製品。独自のカートリッジガス缶を採用し、どこでも持っていけるポータブルなサイズで、さまざまな料理が簡単にできる。

キャンプQのコンセプトは「どこでもグルメ」。日本においてアウトドアグルメに親しみをもってもらうという新しいコンセプトだ。面倒な火起こしをする必要がなく、煙が少ないため、どこでも使える。コンパクトなので持ち運びも簡単だ。

サイズは、高さが394mm、横が690mm(テーブルを広げると1,039mm)、奥行が419mm。 重さは本体が5.4kg、焼き網が4.7kg。保証期間は5年となっている。

カートリッジガス缶は、火力が最大で3時間41分、中で4時間3分、小で5時間5分使用できる。こちらは専用で、他社の製品は使えない。

外側は鋳鉄アルミニウム製で軽く、高い耐久性を備えている。焼き網は、熱を均一に保つホーロー加工された鋳鉄製焼き網だ。カートリッジガス缶をセットしてボタンを押すだけで素早く点火し、温度調節はダイヤルを回すだけ。中の温度はフタに温度計がついているので、一目でわかる。

Weber-Stephen Products Japan合同会社 代表のAdam Hall氏は、「火起こしは必要なく、後片付けも簡単です。我が家も自宅マンションのベランダで毎日のようにBBQを楽しんでいます。煙が出ないので、苦情が出たことは一度もありません。日本のライフスタイルにぴったりです」と語った。

専用ポータブル・カートを使用すれば、腰の高さまで上がり、立ったまま焼くことができる。こちらは別売りで22,630円(税込)。

●コンベクションオーブンとしても使える
○フタをせずに煙をカット、コンベクションオーブンとしても使える

発表会では、実際に屋外で「キャンプQ」を試すことができた。

WeberのBBQグリルはフタがあり、閉めて調理することが特徴だ。グリル内で熱を対流させ、独自の形状によって直火と間接加熱を可能にしている。熱が対流して均等に回るため、しっかり美味しく焼ける。

また、熱を逃がさない構造で、全方向から食材を加熱するため蒸し焼き料理も得意だという。ステーキや魚を直火で焼くことはもちろん、調理に時間を要するピザや丸鶏、ケーキも適している。

発表会の会場では、ズラリとキャンプQが並んでおり、一斉に調理をしていたが、煙は気にならなかった。これだけのBBQをやると煙がモクモク出て会話を楽しめなくなることもあるが、ゆったりと歓談することもできた。これなら都会のマンションでも、ベランダや屋上で楽しめるだろう。スマートで、都会的なBBQグリルだと感じた。

焼き上がったピザ、鳥の丸焼き、ステーキ、サーモンなどを試食したところ、どれも絶品。食材の繊細な風味とジューシーさを保ったまま、焼きムラなく調理できている。

当日は、人気シェフのJamie Foy氏によるグリル体験も行われた。作ったのは、チキンラップとタルトタタンだ。

温度計がついているので、予熱が終わったこともすぐわかる。フタにある温度計を確認し、200℃になったら、食材を入れる。準備を含めて迷わずに調理できるため、料理を普段あまりやらないという男性記者たちも、手際よく進めていた。

キャンプQで焼いたチキンと、サラダをトルティーヤに巻くだけで、チキンラップのできあがり。鶏肉がジューシーで美味しい。タルトタタンも市販のピザ生地を上にかぶせて焼いたところ、焦げ目がついてもっちりしていた。メインからデザートまで調理できるのは嬉しい。

●後片付けも簡単で、水洗いの必要なし
○後片付けも簡単で、水洗いの必要なし

使用後は、後片付けも簡単だ。グリルのカーブした形状によって、食材から出た油や焼きカスが底にあるドリップパン(アルミ製受け皿)へ流れ込むため、捨てるだけ。焼き網は、専用の3面グリル用ブラシ(別売)を購入すれば簡単にできる。お好み焼きや鉄板焼きのように、加熱して擦り落とせば完了だ。

両サイドのテーブルも、ちょっと食材を置くのにちょうどいい。このテーブルも収納時には折りたたんでしまっておけるため、場所をとらない。

専用カートリッジを取り付けるだけで、すぐにどこでもBBQを楽しめる。ポータブルサイズでもフルサイズの機能を装備しており、キャンプに持っていくにもぴったりの本格BBQグリルだ。

(石井和美)