照れ隠し、かも。「そっけない態度」をとる男の本心

写真拡大



気になっている男性にそっけない態度を取られたりしたら、やっぱり落ち込んでしまいますよね。

でも実は、あなたに興味がないからそんな態度を見せているわけではなかったりもするのです。

そこで今回は、「そっけない態度」を取ってくる男の本心を紹介します。

■1.「照れ隠し」をしている

「気になっている女の子には、なんか恥ずかしかったり緊張したりして、ちょっと冷たくしちゃうこともありますね。どう接していいか、わからなくなっちゃうんですよ」(27歳/男性/音楽関係)

男性は、好きな女性を前にすると、恥ずかしさや照れから素っ気ない態度を取ってしまうことがよくあります。また、カッコ良く見せようとしたりして、ちょっとクールな感じになってしまうこともあるかも。あなたのことが嫌いなのではなく、逆にちょっと気になっているからこそ、それを隠すためにそっけないのかもしれませんよ。こういう彼は照れ屋なことが多いので、褒めたりしたときの反応を伺ってみれば、本心が見えるかも。

■2.もともと「冷めたタイプ」である

「恋愛をしても、そんなに熱くなったりするようなタイプじゃないんで、素っ気なく見えたりもしちゃうかもしれませんね。好きなんですけど、あまりそれを表に出さないんで…」(26歳/男性/WEBデザイナー)

恋愛や女性に対して、そんなに情熱的になったりせず、ちょっと冷めたタイプの男性は、そっけない態度にもなりがち。別にあなたに興味がないというわけではなく、もともとがそういう性格の男性なのです。普段からクールだったり、サバサバしているような男性は、感情をあまり表に出さなかったりもするので、それは理解しておいてあげましょう。

■3.「機嫌が悪い」タイミングだった

「嫌なことがあったり、仕事がうまくいっていなかったりするときに、ベタベタ甘えられたりすると、ちょっと冷たくあしらったりもしちゃうかも。タイミングが悪すぎますね」(31歳/男性/不動産)

機嫌があまり良くないときに、女性にズケズケと近づいて来られると、男性もちょっとイラッとしたりもするでしょう。もともとコミュニケーションの仕方や捉え方が男女で違いますから、タイミングが悪いと、腹を立たせてしまったり、面倒に思われてしまったりもしやすいのです。特に、気分屋な男性だと、気持ちもコロコロと変わりやすいので、タイミングはしっかりと見極める必要がありますよ。

■4.全く「興味がない」

「やっぱり興味がない女の子には、そっけなくしちゃったりもしますね。好きな女の子に対する態度とは、どうしても違ってきちゃうのは仕方がないですよね…」(29歳/男性/メーカー)

やはり興味がない女性に対しては、男性もそっけない態度を取るもの。会話をしていても楽しそうじゃなかったり、すぐに会話を終わらせようとしたり、相談やお願いごとをしても一切聞いてくれようとしない。そんなことが多いのであれば、あなたを女性として見ていない可能性が高いかも。いくら照れ屋な男性であっても、気になっている女性には最低限のやさしさは見せるはずですよ。

■おわりに

男性に「そっけない態度」を取られたからといって、必ずしもあなたに興味がないわけではありません。すぐに諦めてしまうのではなく、男性の特徴などもよく分析してみた方がいいかもしれませんね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)