写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の小栗旬と西島秀俊がこのほど、きょう2日に放送されるカンテレ・フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(毎週火曜21:00〜)の第4話を視聴。小栗は「5回くらい見ました!」、西島も「泣いてしまいました」と太鼓判を押した。

小栗や西島らが演じる公安機動捜査隊特捜班の面々が、これまでの警察ドラマの常識を越える規格外の事件に挑む姿を描く同作。第4話は、航空宇宙工学の研究者である有馬教授(小市慢太郎)の身辺警護を命じられる特捜班が、詳しい理由を聞かされないまま、有馬の命を狙う謎の暗殺者・石黒(近藤公園)と石立(浜田学)からの襲撃に立ち向かっていく。

完成版をひと足早く視聴した小栗は「僕は第4話を5回くらい見ました!」と何度も楽しんだそうで、「この第4話は見ないと損します!」とアピール。西島も「僕は、第4話を見て本当に泣いてしまいました」と明かした。

また、今夜の第4話放送終了後も、先週に引き続きツイッター企画を実施。21時54分の放送終了から、22時30分までの36分間、ドラマ公式ツイッターアカウントで「第4話に関する質問」(ハッシュタグ #ドラマCRISISに質問)を募集し、その中から選ばれた質問に、原案・脚本の金城一紀や、監督、プロデューサーなどのスタッフが回答していく(終了時刻は未定)。さらに、出演者からは野間口徹が登場する予定だ。