帽子をかぶるとハゲになる、薄毛になると巷でうわさされていますが、実際のところどうなのでしょうか。本当に帽子をかぶることで薄毛の原因となるならば、なるべく帽子をかぶるのは避けたいところですよね。帽子が薄毛の原因となるのか調べてみましたので参考にしてみてください。

基本的に帽子は頭皮を守ってくれるもの

わたしたちの頭皮は日常的に紫外線や冷え、乾燥などの薄毛リスクにさらされています。紫外線は皮脂の酸化を促し、冷えは頭皮の血流を悪くし、乾燥は過剰な皮脂を分泌させます。その結果薄毛の原因となってしまうわけですね。しかし帽子をかぶることでこれら薄毛の原因から頭皮を守ることが可能になります。帽子は紫外線を避け、適度な温度を保ち、乾燥から守ってくれますよね。帽子をかぶることで薄毛となるどころか、薄毛から守ってくれているわけです。では帽子をかぶると薄毛になるのは嘘かというと、そうでもないようです。帽子のかぶりようによっては、薄毛の原因となってしまう場合があるので注意が必要であることがわかりました。

時に帽子が薄毛の原因となる場合も

帽子の形状やかぶり方によっては薄毛の原因となることもあるようです。まず帽子の形状ですが、小ぶりな帽子、ゴムがきつい帽子は頭皮の血行を悪化させる要因となります。血行が悪化した結果、健やかな頭皮環境が維持できなくなり薄毛の原因となってしまうわけです。そして帽子のかぶり方ですが、あまり長時間かぶっているとさすがに頭皮が蒸れてきます。頭皮が蒸れると雑菌が繁殖しやすくなるので、結果として薄毛の原因となってしまうわけです。帽子をかぶれば薄毛になるというよりは、悪い帽子のかぶり方で薄毛になるという表現の方が正しいでしょう。

帽子が原因で薄毛とならないために

帽子でトラブルを起こさないために、まず頭皮に優しい帽子を選ぶことが大切です。具体的には、適度に通気性の良いもの、小さすぎず過度な締め付けがないものです。更に帽子の使い方においても注意しておきたいところです。頭皮の蒸れを避けるためになるべく長時間かぶらない、頭皮が蒸れたら拭くなどして乾かす、雑菌の繁殖を避けるため帽子は清潔を保っておく、など。帽子はただしく活用すれば薄毛対策にもなり、誤った使い方は薄毛の原因となるというわけですね。あなたは帽子を正しく活用できていますか?


writer:サプリ編集部