マンネリデートの解決策 彼氏のことを知ってるつもりになっていない?

写真拡大

デートマンネリ気味で、彼氏と一緒にいてもイマイチつまらない……そんなお悩みにお答えすべく、今回はマンネリデートの解決策をご紹介したいと思います!

1. 彼氏と過ごす時間を大切にしよう



マンネリ気味の人は、彼氏のことをもっと利用してみてはいかがでしょうか? 利用するというのは、彼にお金を出させて一緒にデートを楽しんで、あとになって彼のことをポイ捨てする、というようなことではありません。時間と労力を無駄にしないということです。つまり、せっかくお互いに時間を割いて会っているわけですから、いかに時間を無駄にしないかを考えるのです。

恋愛も仕事も同じ
恋愛においても仕事においても、優秀な人は決まって時間と労力を無駄にしません。どんなにつまらないと感じることであっても、それなりに自分らしい楽しみ方を考案します。
たとえば高校生の頃、自分の受験にはまったく関係のない科目で、寝たり内職をしたことがある人もきっと多いかと思います。でも優秀な人は、たとえ自分の受験に関係のない授業にだって、自分なりの楽しみ方・時間の活かし方を考えて有効に利用しています。
同じように、彼氏と過ごす時間もただ会うだけの時間にするのではなく、もっと楽しむことを考えるといいのです。

2. 旬のものを一緒に食べよう


冷凍食品もあればコンビニのお弁当もある時代。どんなものであっても、食べたいと思えば比較的簡単に食べることができますよね。でも、マンネリに陥ったときこそ、旬のものを食べることをおすすめします。旬のものを食べると、自然と会話が生まれます。そしてカラダの芯から元気になります。カップルでお互いに元気になると、自然と新しい発想が湧いてきて、マンネリ打破できるでしょう。

体が元気になれば、マンネリだって打破できるはず
大人で外食が多い人は、自然と寿司屋に通うようになるという法則のようなものがあります。これは、毎晩焼肉ではどんなに胃が丈夫な人もちょっとねぇ……ということだけではありません。お寿司屋さんって旬の食材を常に用意してくれているからです。そういうものを食べると、体で四季を感じることができ元気になります。だから大人で外食が多い人は、自然と寿司屋に通うようになるのです。

若くても同じです。寿司屋に行くお金がないのなら、近所の居酒屋で旬のものを食べさせてくれるところが必ずあるはずです。そういうところで旬のものをいただき元気になると、マンネリなんて簡単に打破できるはずです。

3. たまには彼氏とたくさんおしゃべりしよう



マンネリに陥る人って、彼のことを「知っているつもり」「わかっているつもり」になっていたりもします。たとえば1〜2年付き合っていたら、彼氏がどんな性格で、どんな仕事をしていて、どういう部屋に住んでいて、どういう家族構成なのかというようなことをだいたい知っていますよね? でも、彼の長い人生のなかでたった1〜2年のことしか知らないわけです。彼ともっともっといろんなことを話すと、あなたの知らない彼が見えてきます。あなたの知らない彼を見ることができれば、新しい風がふたりの間を流れ始めます。

それが難しい場合は?
会話のネタのバリエーションを増やしたり、1つのネタを深く掘り下げたりというようなことをすればいいのですが、それが難しい場合は第三者をデートに混ぜてみるといいかもしれません。
たとえば、あなたの仕事仲間や彼の仕事仲間とのWデートもおすすめです。第三者が加わると、新しい視点であなたや彼のことを捉えてくれて話題が広がります。その結果、彼やあなたの新しい魅力が発見できることもあります。
1つのものを複数の視点で見ることができれば、マンネリって簡単に打破できるんです。



いかがでしょうか。
若いとどうしても、興味関心の範囲が狭くいのかもしれません。とくに地方でデートをするとなれば、大型ショッピングセンターをブラブラして、どこかのカフェでお茶をして、ラブホに行く……ということの繰り返しになってしまうのかもしれません。

それはそれで、ある意味では若い時期特有のダルいデートとして、別にいいのではないかと思います。でも、それをマンネリに感じてイヤなのであれば、自分の興味関心の範囲をぐんと広げることです。お金なんかなくたって、別にかまわないのです。日本には四季折々の美しい自然があるのだから、どんどん活用しちゃいましょう!
(ひとみしょう/studio woofoo)