昨年同様プレーオフに突入した「サイバーエージェントレディス」で、首位タイスタートのキム・ハヌルが鈴木愛を振り切って、見事今季初勝利を飾った。バランスの整ったフォームから切れのあるショットを生み出す彼女を支えていたのは、本間ゴルフが提供するクラブセッティングといっても過言ではない。
ドレス姿に私服姿も満載!キム・ハヌルフォトギャラリー
 彼女が使用するドライバーは、やや深重心ヘッドでロフト9.5度と強い弾道で打てる『TW737 455プロト』ヘッドに先端が軟らかく高弾道で打ちやすい『VIZARD YA』を採用。「45インチと短めの仕様で使っていますが、シャフトは非常に球が上がりやすくつかまる設計になっています。アップライト軌道でロフトが立ち気味なスイングに対してクラブで補っているといえます」(本間ゴルフ・井上氏)。
 元々彼女のセッティングで異色だったのは、アイアン6番以上と7番以下で使用ヘッドを変えているところだろう。7番以下に使用する「TW737 V」ヘッドは軟鉄鍛造でツアープロが好むアスリートモデル。6番以上の「TW737 Vs」ヘッドは「ほぼ同じ形状ですが、ややストロングロフトでより飛びやすいモデルです。6番から上の番手でショートしやすかったところを飛距離性能で補っています」(井上氏)。
 シャフトはどちらも「N.S.PRO 950GH」を使用しており振り感を統一。シャフト硬度は「R」と軟らかめを使用しており、どんなコンディションでもラクに打てる設計にしている点は非常にアマチュアに参考となるだろう。
 ウェッジは48°、52°、58°を入れて構成。ロフトピッチを隙間なく構成して100Y以下のフルショットの精度を充実させた番手構成で挑んだのはいつもと変わらずだが、多くの選手を苦しめたグリーン周りの攻略にも役立っていたというからまさしく隙のないクラブセッティングといえるだろう。
【キム・ハヌルのクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:TOUR WORLD TW737 455プロトドライバー(9.5°、VIZARD YA55・R、45インチ)
3W:TOUR WORLD TW737 フェアウェイウッド(15°、VIZARD EX-Z65・SR)
UT:TOUR WORLD TW737 UT(19°、22°、25°、VIZARD IN-75U)
6I:TOUR WORLD TW737 Vsアイアン(N.S.PRO 950GH・R)
7I〜10I:TOUR WORLD TW737 Vアイアン(N.S.PRO 950GH・R)
48°、52°、58°:TOUR WORLD TW-W(WV105)
PT:オデッセイ WHITE HOT RX V-LINE FANG CS
BALL:SRIXON Z-STAR
<ゴルフ情報ALBA.Net>

昨年のリベンジ達成したキム・ハヌル「去年の経験生きた」
涙、涙の鈴木愛「今年一番のゴルフだったけど……」
注目女子プロたちの新ギアをチェック!!
アマに役立つ?アマが使える? 女子プロクラブセッティング解説
ツアーワールドのクラブをギアナビでチェック