年下男性と付き合ったり、結婚したりする女性が増えてきましたね。中には片思い中で、年下男性との関係を発展させたい人もいるでしょう。今回は、年下男性に好かれる女性の特徴をご紹介します。

男性を年下扱いしない女性

年齢が下の男性は、つい年下に扱ってしまいがちです。しかし、やりすぎると「上から目線」と捉えられ、男性のプライドを傷つけてしまうこともあります。

年下に好かれるためには、年下であっても一人の男性として接するのがいいでしょう。一人の人間として尊重することが大切です。先輩ぶった「君付け」も、上下関係を感じさせるので、場合によっては控えましょう。

仕事を頑張っている女性

男性は、男性にはない、女性独特の強さに心を打たれます。それが明るみに出るのが、仕事場です。目標に向かって真剣に取り組む年上の女性に、彼らは憧れを抱きます。

女性だからと甘えてばかりいる人は、かわいいかもしれませんが、人間としてリスペクトされないことも。年下男性は、女性を尊敬するところからスタートし、恋心を抱いていくのです。

時々弱いところを見せる女性

年下男性が惹かれる女性の表情。それは頑張っている反面、疲れたり落ち込んだ時に見せる、か弱い表情です。

とくに「普段は強い年上」が弱さを見せたら、強さと弱さの大きなギャップが恋の演出を盛り上げます。同時に、男性の「守りたい」という本能を刺激します。普段姉御キャラの女性も、恥ずかしがらずに弱い所をどんどん見せてみましょう。

やわらかい動きをする女性

てきぱき仕事をこなす女性は、魅力的ですが、時々男性に威圧感を与えることもあります。厳しい表情の年上女性は、近づきがたいオーラを放つのです。

年下男性に好かれたいなら、ゆっくりとしたやわらかい仕草を心がけましょう。話し方も、まくしたてるのではなく、ゆったりソフトな声色で話すとベスト。母親のような親しみを感じ、心の距離が近づいていくでしょう。

若い子と張り合わない女性

意中の男性と同じ年代の女性を意識して、無理に若作りするのはやめましょう。若い女子と張り合えば張り合うほど、「オバサン臭さ」が浮き出てきます。

若さを強調するよりも、年相応の魅力を放つことが大切です。自分を自分で「オバサン」と言うこともご法度。いつまでも「きれいなお姉さん」でいることを忘れないでください。

いかがでしたか。年下男性と恋愛をするには、彼らと同年代の女子にはない魅力を発信していくことが大切です。気になる彼がいる人は、是非意識してみてくださいね。


東 香名子
恋愛コラムニスト
提供記事をもっと読むPhoto by fotolia