トランプ氏(左)と金正恩氏=(聯合ニュース)

写真拡大

◇米大統領 「適切な環境下なら金正恩氏に会う」
 トランプ米大統領が1日(米東部時間)、状況が整えば北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談する意向があることを示した。同氏は米通信社ブルームバーグとのインタビューで、「適切な環境の下で、私が彼に会うことが適切ならばそうする」と述べた。

◇正しい政党14人、集団離党または洪準杓氏支持か
 保守系「正しい政党」の国会議員14人が2日、会合を行い、離党などを含む去就を決める予定だ。同党を離党するか、あるいは党に残りながら、大統領選で朴槿恵(パク・クネ)政権で与党だった「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補を支持するかを決めて集団行動するとされる。同党は与党セヌリ党(現・自由韓国党)で非主流派だった国会議員らが今年1月に結成した新党。劉承ミン(ユ・スンミン)氏が公認候補として大統領選に出馬している。
◇米国防総省関係者「THAAD運用準備できている」
 米国防総省関係者は1日(米東部時間)、韓国南部・慶尚北道星州郡内に配備が進む米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」について、「現在運用準備が整っている状態」と述べた。AFP通信によると、匿名を求めた同関係者は「(THAADは)初期迎撃の能力(initial intercept)に達した」と話した。
◇朴前大統領 きょう初の公判準備手続き
 収賄罪などで起訴された韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告の事実上の初公判となる公判準備手続きが2日午前10時から、ソウル中央地裁で行われる。朴被告は崔被告と共謀し、サムスングループに433億ウォン(約42億円)の拠出を求め298億ウォンを受け取り、韓国ロッテグループに70億ウォン、SKグループに89億ウォンの賄賂を要求した罪などに問われている。検察は、朴被告の捜査を行い起訴した検察特別捜査本部を中心に公訴を維持する方針だ。
◇大統領候補たち最後のテレビ討論へ
 大統領選(5月9日投開票)の主要政党公認候補5人による最後のテレビ討論会が2日午後8時から2時間にわたり、ソウルのMBCで行われる。討論会には進歩(革新)系最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補と保守系の旧与党「自由韓国党」の洪準杓候補、中道系「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補、保守系「正しい政党」の劉承ミン候補、革新系少数党「正義党」の沈相ジョン(シム・サンジョン)候補が参加する。社会分野に対する政策構想発表などが行われる。
◇現政権最後の閣議開催
 黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相は2日午前、ソウル庁舎で現政権で最後となる閣議を主宰する。現政権はきょうを含め計235回の閣議を開いたことになる。定例の閣議は最後になるが、外交・安全保障など緊急問題が発生した場合は臨時の閣議を開く。