シリア・イドリブ県のハンシャイフンで毒ガスによるとみられる攻撃の後、マーレト・アルノマンの町で手当てを受ける子ども(2017年4月4日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は1日、シリア政府軍が2016年12月から17年4月にかけて化学兵器を4回使用したとの調査結果を発表した。人道に対する罪に相当する化学兵器使用の「明らかなパターン」が見られるとしている。

 4回の内訳は北西部イドリブ(Idlib)県ハンシャイフン(Khan Sheikhun)での1回と、中部ハマ(Hama)県での3回。

 HRWは、先月4日にハンシャイフンで行われたとされる攻撃と、昨年12月と今年3月にハマ県であったとされる3回の神経ガス使用について、目撃者60人から聞き取りを行うとともに、関連の写真や動画を収集した。

 同団体によると、ハンシャイフンでは子ども30人を含む少なくとも92人がサリンにさらされたために死亡し、数百人が負傷した。なお、在英の非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は死者を88人としている。

 このほかHRWによれば、昨年12月11、12両日、ハマ県東部のイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」支配地域を戦闘機が攻撃した後、64人が神経ガスにさらされたために死亡した。

 さらに、HRWは住民や医療従事者の話として、同県北部で今年3月30日、神経ガスの使用が疑われる3回目の攻撃があり、死者は出なかったものの、民間人と戦闘員、合わせて数十人が負傷したとしている。

 HRWはまた、政府軍は塩素ガスでの攻撃を強めており、首都ダマスカス(Damascus)近くの戦闘では、塩素ガスを装填した地対地ロケットをすでに使い始めていると指摘した。

 一方、シリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領は先月、AFPのインタビューで、サリンガスの使用が疑われるハンシャイフンでの攻撃は「100%」でっち上げで、米国はこれを口実にシリアの空軍基地にミサイルを撃ち込んだと主張していた。
【翻訳編集】AFPBB News