中国人が日本に訪れて驚愕することの1つに「公共のトイレ」を挙げることができる。百貨店などの商業施設のみならず、高速道路のサービスエリアや道の駅などではトイレは単に用をたす場所ではなく、より快適な空間とする努力が行われている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国人が日本に訪れて驚愕することの1つに「公共のトイレ」を挙げることができる。百貨店などの商業施設のみならず、高速道路のサービスエリアや道の駅などではトイレは単に用をたす場所ではなく、より快適な空間とする努力が行われている。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人のトイレに対するこだわり」について紹介する記事を掲載し、さまざまな場所の公共トイレの写真を掲載した。たとえば、あるサービスエリアの「トイレへ向かう通路」の写真を掲載しているが、その写真を見てみると、湾曲したガラス張りの壁を間接照明が照らしており、まるで別世界へ続く通路のようにも見え、トイレへ向かうなど思いもつかない光景だ。ほかにも、土産物売り場の横にトイレへ向かう通路の入り口がある様子が写っているが、統一した雰囲気で表示がなされているため、不快な印象を与えていない。

 中国でもショッピングモールや空港のトイレは日本人にとっても違和感なく使用できるようになってきている。だが、駅や街中となるとやはりトイレ自体が不快な場所であることは否定できない。こうした中国の状況から見ると、日本の公園や観光名所、サービスエリアや百貨店の公共トイレは特異な存在に映るようだ。

 丸い木材で作られたログハウス風、レンガで覆われたあずまや風のものなど、日本にはさまざまなデザインの公共トイレがある。これについて記事は、日本のトイレは「それぞれが1つの世界だと言っても過言ではない」とした。またこうした特徴は、日本の建造物が周囲の環境との調和を重視して造られているためと指摘し、それゆえ公共トイレも整備されていて、清潔なのだと評価した。

 また記事は、日本のトイレには手洗い場と化粧台が設置されていて、必要に応じて更衣室があったり、小さな子ども連れの人のために個室内に幼児用いすがあったり、おむつ交換のためのベッドがあることなども取り上げ、「日本人のトイレに対するこだわりの深さが見て取れる」とまとめた。中国のネットユーザーからは日本のトイレに対して称賛の声が多く寄せられているが、「思いつかなかっただけで、中国人にできないことではない」という負け惜しみのような意見もあった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)