この数週間で、Google Maps、Amazonを含む主要アプリが、Apple WatchのOSであるwatchOSのサポートを取りやめたことがわかりました。

Google Mapsなど主要アプリが非対応に

米メディアAppleInsiderによると、このほどアップデートされたiOS版Google Mapsのリリースノートには、以前あったwatchOSをサポートするという一文が含まれていません。サポートが今後復活するかどうかも不明です。
 
同様のことが、Amazon、eBayのアプリでも起きています。両アプリともiOS版は4月後半にアップデートされましたが、現時点ではwatchOSはサポートされていません。
 
ほかにもアメリカの大手量販店Targetのアプリなど、いくつかのアプリがiOS版アプリのアップデート時にwatchOSに対応しなくなっています。
 

watchOSアプリ、実はあまり使われていない?

しかしこうしたメジャーどころのアプリがApple Watch非対応となってもそれほど大きな騒ぎにならないということは、あまり使われていない証拠なのではないかと、AppleInsiderは指摘しています。確かに上記のアプリがiOS非対応となれば、即座に気づかれ、騒動になるでしょう。
 
AppleInsiderはGoogle、Amazon、eBayに問い合わせたものの、まだ正式な回答は得られていないとのことです。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)