「ノードストローム」通販サイトより

写真拡大

アメリカの大手百貨店「ノードストローム」の通販サイトで、トンでもないジーンズが販売されている。

ジーンズブランド「PRPS」のストレートカットジーンズが、泥だらけ状態なのだ。

上下そろえることも

もちろん泥は加工されたもので、「重労働で泥がついてしまった作業着をイメージ」したという。

価格は425ドル(約4万8000円)。同価格でデニムジャケットも販売されており、上下そろえることもできる。日本からも購入可能だ。

目を引くことは間違いないが、ツイッターやネットの掲示板では、「欲しい」といった反応は意外に少なく、

「誰が欲しがるのだろう??」
「自分で長年履いたものなら、ボロボロになって も愛着が生まれるのは分かる。だけど、新品の 物をわざと汚したりするのは、なんか違う気がする」

と、辛口の意見が続く。

ジーンズ・デニムをめぐっては、愛好家の間でダメージや色落ちを「味」として楽しむ文化がある。広島県尾道市で行われている「尾道デニムプロジェクト」では、漁師や大工などの職人が一年間履きこみヴィンテージ風に仕上げたデニムが人気を博している。

はたして「泥加工ジーンズ」は、愛好家たちに受け入れられるだろうか――。