乃木坂46生駒里奈

 乃木坂46生駒里奈(21)が4月30日放送のテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演。プロデューサーの秋元康氏への不満を「メモ帳に書いて破ります」と語り、スタジオを爆笑で包んだ。

 この日の放送では、野球人生の中で、多くの監督に暴言を吐き、数々のしくじりをしてしまったという元プロ野球選手の江本孟紀氏が先生役として出演。「嫌いな上司と10倍楽しく付き合う方法」とのテーマで講義をおこなった。

 その中で、大学時代に監督のいない場所で、監督に対する暴言を吐いた江本氏。すると、気づくと後ろにその監督が立ち、話を聞かれてしまったいう。その結果、監督からは「お前は帰れ」と宿舎に帰されてしまい、この経験から「陰口は必ずバレる」との教訓を得たという江本氏。そして、「言うんなら堂々と目の前で言った方が良い」との結論を導き出したようだ。

 このエピソードを振り返った江本氏は、生徒役として出演していた生駒に「秋元先生の悪口を言う時は陰で言うんですか?」と、乃木坂46のプロデューサーである秋元氏を持ち出して聞くと、生駒は「なんで言ってることになってるんですか」と、江本氏の質問に困惑の苦笑いを作った。

 江本氏は「言ってないの。顔を見てると言ってそうな気がする」と見た目からの印象を語ると、生駒は必死に「言ってない言ってない」と完全否定した。

 すると、同じく生徒役で出演していた平成ノブシコブシの吉村崇は江本氏のことを「プロだから。陰口のプロ」と盛り上げ、オードリーの若林正恭は笑顔を見せながら生駒に「(陰口を)吐くの?」と尋ねた。

 コメントを求められた格好の生駒は「言いはしません」と改めて否定したが、不満を感じるところはある様子で、続けて「メモ帳に書いて破ります」と真顔でカメラ目線を作り、スタジオに爆笑を起こしていた。