就活は企業の手法を知るべし

写真拡大

雇用アドバイザーの海老原嗣生による「なぜ7割のエントリーシートは読まずに捨てられるのか:人気企業の手口を知れば-就活の悩みは9割なくなる」(東洋経済新報社)は、タイトルの通り、きれいごと抜きの就活論が、企業の手口を明かすことによってあますところなく記されています。

何をしているか?

例えば常々言われている学歴差別、大学名による差別はあると著者は断言します。ならば大学名だけを見てフィルタリングしているのかといえばそうではありません。もっと企業は巧妙にやっていると述べます。そうした企業の手の内が本書には記されています。当然ながら、その手の内を知り、対策を行えば、就職活動の成功率はぐっと高まることになります。

何を欲しているのか?

本書は、就職活動をする側にとって知りたい情報だけが詰まった本であるといえるでしょう。TOEICをはじめとする資格はそれほど重要ではない、ボランティア活動などの肩書も同様といったことから、学生が集まる人気企業ランキングを企業側が操作しているといった驚きの情報も網羅されています。正しい就活をするために、間違った情報にまどわされないために、今何をすればいいかをポイントをしぼって解説してくれている本にしあがっています。