アイデアと「たくらみ」の関係

写真拡大

アイデアは仕事をする上で求められるスキルのひとつでしょう。アイデアは新しいもの、奇抜なものがあれば良いのですが、ほとんどは、これまでと同じような守旧的なものとなりがちです。そんなアイデアに求められる要素として「たくらみ」を提示したものが、加地倫三による「たくらむ技術」(新潮新書)です。

テレビからアイデアをさぐる

著者は、テレビ朝日の敏腕プロデューサーとして知られる人物です。名前を聞いたことがなくとも「ロンドンハーツ」や「アメトーーク!」のプロデューサーと聞けば、ああなるほどと思うでしょう。これらの番組は大人気番組といえますが、著者はちょっと変わった思考の持ち主です。

何を意識するのか

著者のアイデアは、ほかとは一味違ったものであり、それがあるがゆえに、唯一無二の個性を生み出しています。著者はトレンドには背を向ける、企画はゆるい会話からはじめる、文句や悪口にこそヒントがあるといった哲学を持っています。これらの行為は一見すると良いアイデアを出すためには縁遠い行為のように思えますが、実はあえて逆の道を行くことで新しいものが見えてくることもあるのだと気付かされます。いわば発想の転換をうながす本であるといえるでしょう。