運賃が大手航空会社の半分から3分の1という低価格が魅力のLCCは、ここ数年、新規参入が相次ぎ、国際線、国内線ともに路線も充実するようになった。若者を中心に利用が急増し、身近な交通手段として認知されつつある

写真拡大

 ゴールデンウィーク期間に突入した。今年は5月1日(月)と2日(火)に休みを取れば、4月29日(土)からなんと9連休。“ロングバケーション”を生かし、飛行機での旅行や帰省を計画しているという人も多いことだろう。

 そこで気になるのは、運賃が大手航空会社の半分から3分の1という低価格が魅力のLCC(格安航空会社)だ。ここ数年、新規参入が相次ぎ、国際線、国内線ともに路線も充実。若者を中心に利用が急増し、身近な交通手段として認知されてきている。

 移動費を安く抑えられれば、旅先での観光や買い物に回すことができる。一方で、「安かろう、悪かろう」のイメージが根強いのも事実だ。各社はこうした印象を払拭しようと、激しいサービス合戦を繰り広げている。

 どのLCCを選べば、快適な空の旅を楽しめるのか。各社の満足度調査を、国内線と国際線に分けて行った「オリコン日本顧客満足度ランキング」を次ページで見てみよう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)