悪目立ちだけは避けたいから、いつも無難なスーツ。そんな消極的なチョイスでは、TPOの変化に対応できているとは言えない。どんな人でも手軽に取り入れることができる小道具の使い方をマスターしよう

写真拡大

職場はもちろん、夜は商談や接待、さらにはプライベートの予定など、ビジネスマンの1日はさまざまなシーンから成り立っています。TPOに合わせて少しだけアレンジをすることで、驚くほど好感度はアップするもの。今回はその秘訣をお伝えします。(ファッションスタイリストジャパン代表取締役 西岡慎也)

TPOを制するものは
「ファッション」も「ビジネス」も制する!

「TPOを考えて行動するように」「TPOをわきまえて」…会社でもよく耳にする単語です。「Time(=時)」、「Place(=場所)」、「Occasion(=場合)」に応じて物事を使い分けろということです。この「TPO」という言葉を広めたのは、デザイナーであり、ファッションメーカー『VAN』の創業者でもある石津謙介氏だと言われています。

 ビジネスマンの1日には、いくつものシーンが想定できます。

・オフィスでのデスクワーク
・外出先での商談や接待
・仲間との飲み会やデート

 オシャレを自認している一部の人はともかく、大抵の人は、とにかくオフィスや商談で悪目立ちだけはしないように、無難なコーディネートを心がけるのが精一杯だと思います。しかし、「ちょっとした工夫」で、TPOに合わせた着こなしにバリエーションを持たせることができます。今回はそんな“着こなしの魔法”をお伝えします。

 魔法の小道具となるのは、ポケットチーフ。左の写真のように、ネクタイとチーフを活用したコーディネートをした場合、概ね3通りの使い分けができるはずです。

(1)スーツ上+シャツ+ネクタイ+チーフ
(2)スーツ上+シャツ+ネクタイ
(3) スーツ上+シャツ+チーフ

 少し華やかな場所や催事などへは(1)、通常の商談、オフィスワークは(2)、同僚や仲間とのリラックスタイムには(3)。ここでお伝えしたいのは、ネクタイやチーフを使い分けることでも、さまざまなシチュエーションに「変化」をつけることができる、ということです。

 どんな場面でも(1)のフルバージョンがベストか?といえば、そうではないはずです。謝罪に伺う際には、あまりにも派手でお洒落すぎれば反感を買うこともあるはずです。銀行に融資や相談に伺う際なども、その内容によっては「羽振りよさそう」に見えたほうがよいのか、「質素、シンプル」に見られたほうがよいのか、と、相手と自分との関係や状況によっては選択肢が異なるはずです。

 職場がカチッとしている(少し堅いお仕事)環境であれば、なかなかチーフなどを使いづらいかもしれません。上司もしていなのに…と。そういう場合でも鞄に忍ばせておけば、オフに活用することも可能ですよね。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)