写真提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑いコンビ・ロッチの中岡創一とグラビアアイドルで女優の片山萌美が、7月スタートのTBS系金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』(毎週金曜22:00〜)に出演することが1日、わかった。

このドラマは、1980〜1989年に『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載された弘兼憲史の同名漫画を原作とする探偵ドラマ。映画『モテキ』や『バクマン。』などのヒット作を手がけた大根仁がゴールデン・プライム帯のドラマで初めて脚本・演出を務める。主演は瑛太。そのほか、深田恭子、森田剛、山口智子らが出演する。

TBSドラマ初出演の中岡が演じるのは、瑛太演じる主人公"ハリネズミ"こと七瀬五郎(ゴロー)や、森田剛演じるゴローの相棒・木暮久作(グレ)が所属する「あかつか探偵事務所」の階下にあり、ゴローとグレが入り浸るスナック「輝(キララ)」のマスター役。基本的に無気力な年齢不詳の中年(独身)で、私生活などは謎に包まれている。

"神ボディ"として知られる片山が演じるのは、「輝」のバイト従業員・萌美。巨乳で普段から露出の多い格好をしており、ゴローとグレからたびたび下心満載のちょっかいを出されている。普段は温厚だが、ときどき激情家な一面も。

中岡は「まだセリフの数は少ないのですが、リラックスしてやらせてもらってます」と話し、「同じシーンでご一緒した瑛太さんと森田さんは、オフから急にオンになるところにびっくりしました。さすが役者さんだなと。ギャップがすごいですね」と共演者に刺激を受けた様子。「瑛太さんたちが活躍される探偵ドラマという部分はもちろん、大根監督が萌美ちゃんの胸に尋常じゃないほど執着して撮影していたので、そういう部分も見どころだと思います(笑)」とアピールした。

片山も「クランクイン前はすごく緊張していたのですが、みなさんが作り出す穏やかな空気にリラックスして臨めました。一話の中に私たちがいるスナックの場面が2シーンほどあるのですが、そのシーンがある意味キーになると思うので、注目して見ていただけたらと思います」と呼びかけている。

(C)TBS