ドナルド・トランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(2017年5月2日作成)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は1日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長と会談できれば「光栄だ」と述べ、会談実現の可能性を排除しない意向を示した。

 トランプ氏はこれまで金正恩政権に対して強硬な発言をしてきたが、米ブルームバーグ(Bloomberg)とのインタビューでは「(金委員長と)会うことが適切なら、当然会う。そうすることになれば光栄だ」と発言。「適切な状況下で」あれば会談に応じると述べた。

 北朝鮮はここ数週間で挑発的なミサイル試験発射を繰り返しており、米朝間の緊張が高まっている。トランプ政権は北朝鮮のミサイル・核開発への対応について「あらゆる選択肢がある」と警告してきたが、先週には同国政府との直接対話を拒否しない姿勢を強調していた。
【翻訳編集】AFPBB News