マレーシアで起きた金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件の情報が国内に拡散するのを防ぐために、北朝鮮の国家保衛省(秘密警察)は、中国キャリアの携帯電話を使った中国、韓国との通話に対する監視を強化している。

しかし、「上に政策あれば、下に対策あり」のお国柄だけあって、北朝鮮の密輸業者は、あの手この手で当局の監視から逃れようとしている。

そこで最近人気なのは、韓国製のスマートフォンだ。咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋がその理由を伝えてきた。

最近、北朝鮮の中国との国境地域で、韓国製のスマホが人気を集めている。当局は、妨害電波送信機や電波探知器の数を増やすなどして、中国、韓国との通話の妨害に必死になっているが、それらに強いというのが人気の理由だ。

携帯電話の回線速度は、キャリアの電波の質や使用環境に左右される。端末の種類も関係ないわけではないが、業者の間では中国製や北朝鮮製よりも、韓国製の通信速度が速いという話が流れている。

韓国製スマホを使い、画像やメールの送信を素早く行って通信時間を短くできれば、当局に探知されにくくなると考えているようだ。彼らは技術的な知識を持っているわけではないが、中国に長期滞在している貿易関係者や留学生からそのような情報を得たているという。

同時に情報筋は、北朝鮮と中国、韓国とのやり取りが、今までの音声通話から、チャットに移行しつつあると指摘している。

スマホが一般化したため、カカオトークやLINEといったメッセンジャーアプリをインストールし、チャットでやり取りすることが増え、音声通話を行うとしてもアプリを使うようになっている。

中国の業者から中国製のスマホを提供されても「これくらいなら北朝鮮でも手に入る、どうせなら韓国製が欲しい」と突き返す北朝鮮の業者もいるとのことだ。

国家保衛省は、一部の人を買収してスパイに仕立て上げ、中国や韓国と通話している人を監視させたり、密告させたりしている。そのような動きを察知した人々は、密告を恐れ他人の電話を借りるのをやめ、多少費用がかさんでも、韓国製のスマホを購入している。

勇気のある人は、北朝鮮製のスマホにデザインが似ている韓国製のものを路上で使うほどだという。ちなみに、北朝鮮製のスマホでは、アプリのインストールも、海外との通信も一切できない。