やり直そうと決めたけれど、容易に乗り越えることができない彼の裏切り行為。一度壊れてしまった信頼関係を元通りにするには時間がかかるもの。今回は彼との絆を再構築する方法についてまとめてみました。

1: 自分のために彼を許す

あなたの心を深く傷つけた彼の罪を許すのは、容易なことではありません。けれど許そうという気持ちをもつことは、二人の絆を再構築するための第一ステップ。彼との関係を修復をしたいのであれば、彼の罪を許したいという気持ちを持ち、前に進むことが必要です。彼を許すことは彼のためでなく、自分のためなのです。

2: 裏切り行為の背景を知る

結果的にあなたを裏切ってしまった彼の行為ですが、彼は意図してあなたの心を傷つけようとしたワケではありません。傷心のなかでの問題解決には大変な労力が必要ですが、彼がなぜそのようなことをしてしまったかを考えることは二人の絆を深める上で必要です。
「言い訳は聞きたくない」などと耳をふさぐのではなく、彼が軽はずみな行為をしてしまった背景、原因を突きとめることが再発防止に効果的。二人で話し合う時間を持つことで、二人の関係が少しずつ前進するはずです。

3: 自分の気持ちをコントロールする

気持ちが沈んでいるときや悲しいときに周囲に助けを求めるのは大切なことですが、最後に自分の気持ちをコントロールするのは自分自身。周囲の人がどんなに励ましても、あなた自身がポジティブにならなければ物事がいい方向に進むのは困難。
心の傷を癒やすのに時間も必要ですが、ポジティブな思考もまた心のダメージ回復への手助けをしてくれるはずです。

4: 許しを言葉にする

彼への許しを心のなかに留めておくだけでなく、口にすることで自分の気持ちがさらに寛大になることに気がつくはずです。言葉には気持ちを加速させる魔法があります。気持ちの整理がついたら、彼にはっきりと許しの言葉を与えて上げましょう。言葉にすることで二人の絆がさらに深まり、ポジティブな自信が湧いてくるはずです。

5: 許せない自分を責めない

彼を許せたと思っていても、ある日突然怒りが込み上げてきたり、悲しみに涙したりすることがあるかもしれません。そんなときは、ありのままの自分を受け入れてあげることが大切です。
四六時中強さを保てる人などいません。昨日はなんとなかったことが、今日は怒りの源となってしまうことだってあります。時がたった今も彼への怒りが生じてしまうのは、その日の自分のコンディションや彼との関係が原因として考えられます。
いつまでも彼を許せない自分に罪悪感を感じる必要はありません。必要なのは怒りの原因を探ること。許しは心の解放であり、そのプロセスには時間がかかるものです。自分を責めずにゆっくりと前に進んでいくことが大切です。