4月30日に開催された「ニコニコ超会議2017」2日目、超演奏してみたステージに登場となったGLAYのHISASHI。


まずは挨拶代わりとばかりにGLAYの新曲2曲を披露すると、ニコニコ生放送視聴者からは「これまんまGLAYのライブやん」「会場羨ましすぎ!」といったコメントが。この豪華演奏に続けて繰り広げられたのが、Andoroidスマホでお馴染みの着信音やファミマの入店音がGLAYっぽくなるという超演奏。これには会場も大きく湧き、ニコ生視聴者からも「これ本人がやるか!?」といったコメントが寄せられることに。

さらにステージは話題の『けものフレンズ』OP「ようこそジャパリパークへ」、そして『涼宮ハルヒの憂鬱』OP「もってけ!セーラーふく」と続きボルテージは最高潮に。しかしHISASHIのステージはまだまだ止まらない。なんと最後の曲にはゲストとして「バンドじゃないもん!」メンバーがちょっと遠いステージから駆けつけるという嬉しすぎるサプライズ。

終始チャレンジ精神旺盛なステージ演出となったこの日のHISASHI。そんな彼の口から語られた創作のスタートはというと、なんとギターでの効果音や環境音再現が原点にあるのだとか。それ故に今も素晴らしい楽曲をみつけると、「この曲に自分ならどうやってギターを乗せるか」といったチャレンジを怠っていないという。

この超絶テクを持ちながらも飽くなき探究を日夜続けるHISASHI。今後もHISASHIの関わる楽曲だけでなく、『演奏してみた』からも目が離せそうにない。