名古屋が2選手の負傷を発表…MF内田とFW永井が京都戦欠場の見込み

写真拡大

 名古屋グランパスは5月1日、MF内田健太とFW永井龍の負傷についてクラブ公式HPにて発表した。

 内田は4月29日に行われた明治安田生命J2リーグ第10節のザスパクサツ群馬戦で負傷。28分に磯村亮太と交代した。左頬部挫傷と脳震とうと診断され、復帰までに5日間を要する見込みだ。

 一方、永井も同試合で負傷し、80分にFW杉本竜士と交代している。右足関節前脛腓じん帯損傷および骨間膜部分損傷と診断され、全治まで5週間と発表されている。

 今季、2017明治安田生命J2リーグの第10節終了時点で内田は10試合に出場し1得点を決めている。永井は10試合に出場し、チームトップとなる5得点を記録している。