美しくなる鉄板テクニック!強い眉と艶ファンデでつくる大人メイク

写真拡大 (全5枚)

最近、モデルさんや女優さんのメイクがどんどんナチュラル化しています。薄づきメイクなのにキレイで色っぽさがあるのは、強い眉と艶ファンデがポイントとなります。

そこで今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、美しくなる鉄板テクニック!強い眉と艶ファンででつくる大人メイクをご紹介します。

ベースメイクはコント―ルカラーで見違える

下地は保湿効果が高く、肌の補正ができるタイプがマスト。ひと手間加えられるなら、頬骨上にパールの入ったコントロールカラーをオンしましょう。

パール系の下地やコントロールカラーは光を集めてツヤっぽさをよりアップさせることができます。このひと手間で印象がグッと変わりますよ。

画像:杉本由美

さらにツヤ感がでるファンデーションを頬骨上にのせましょう。素肌感ではなく、ただのノーメイクか手抜きメイクと思われないために、頬骨ラインをきちんとしていれば問題なし! あとはフェイスラインにファンデーションをのせるとシャドーの作用で、若干の小顔効果も期待できます。それ以外は厚塗り感がでるので、あえてファンデーションはのせません。

しっかり眉でバランスをとって引き締める

ベースメイクがメイクレスなナチュラルさなので、どこかでメイクのポイントをつくっておかないと、ただボヤっとした印象になってしまいます。そこでしっかり眉にすることで、きちんと感が出てバランスがとれます。

画像:杉本由美

眉は強さを出すために暗めの色でしっかりめに描きましょう。最近はアーチ型の眉が人気ですが、このメイクでは眉山をつくることが大事。眉山をつくるだけで、ナチュラルなのに強さのあるオトナの女性の印象になります。

アイメイクもベージュやゴールド系でツヤ感を出す程度のナチュラルメイクにするのがおススメ。アイラインもなるべく太く強調しすぎないように注意しましょう。

チークとリップはなじみやすさ重視

チーク、リップ共にコーラル系がおススメ。色の主張が強すぎず肌なじみの良い色味を選ぶことでナチュラルなのに大人の艶っぽさがつくれるんです。チークは頬骨の下からこめかみあたりにかけてのせましょう。

画像:杉本由美

このメイクではあえてリップにグロスは使わず、ルージュだけでナチュラルなツヤを出すことにとどめるか、あえてマットなルージュを選ぶとさらに大人の色っぽさが出せますよ。

これで強い眉と艶ファンデだけでつくる、大人メイクの完成です。

画像:杉本由美

いかがでしたか? 大人の強い女性を強い眉で表現し、頬骨のラインにツヤをだすことでナチュラルなのに大人の色気を一瞬でまとうことができるメイク。美しくなる鉄板テクニックなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ 杉本由美

【筆者略歴】

杉本由美

手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。