高齢女性を性的暴行目的で狙った男に実刑判決(出典:http://metro.co.uk)

写真拡大

「モヤモヤしていたから」という理由で理性を無くし、82歳の女性をレイプ目的で襲った29歳変態男の裁判が、このほど英バッキンガムシャー州のアイルズベリー刑事法院で行われた。男には4年と2か月の実刑判決が科せられたことを英『Metro』や地元紙『The Bucks Herald』が伝えている。

裁判中でさえ、判事や検察官らが男のあまりの変態ぶりに辟易する場面が見られたようだ。

昨年、バッキンガムシャー州ウィンスローに住むグレッグ・レアード(29歳)は、通りを歩いていた82歳の女性に性的興奮を感じた。

レアードは女性の背後から近づきタックルして襲い地面に押し付け、女性を仰向けにした。その時、女性は渾身の力でレアードの顔を殴って逃れようとした。しかしレアードは女性の抵抗に何の反応も示さず、ブラジャーの中に手を入れて胸をまさぐり、自慰行為に及んだという。

女性は「私は82歳よ! 82歳なの! やめて、放して!」と泣き叫んだが、レアードの行為は加速する一方だったため女性はレアードの性器を力いっぱい握った。レアードはそれがきっかけで立ち上がりその場を立ち去っている。

このたびの裁判では、この82歳女性だけではなく他にも数人の女性がレアードの異常な性癖の被害にあっていたことがわかった。レアードはウィンスローに住むある女性の家へ出向き、女性宅の壁に向かって自慰行為をするという異常行為に出た。

物音に気付き外に出た女性は、男の行為に気づき急いで家に戻り慌てて勝手口のドアのカギを閉めようとした。しかしレアードは、表のドアにチェーンがかかっていたにもかかわらずその隙間に性器を入れようとしていたという。恐怖に怯えた女性はその光景に叫び、すぐに警察へ通報した。

まるで動物のような本能をむき出しにして高齢者に襲い掛かったレアードは、82歳の女性にも相当なトラウマを与えた。裁判で、女性はこのように語っている。

「この事件が起きるまでは、私はバスに乗って買い物に出たりしてあまり心配することなく過ごしていました。でも今は、1人で買い物に行くのが怖いのです。事件があったバス停付近は怖いので、その先のバス停で降りるのですが、そうすると家までかなり歩かなければなりません。最近、診療所に行ったのですが、歩いている途中、誰かが私の後をつけてきたので怖くなりました。でもそれは私の影だったのです。私は今、自分の影にも怯える毎日を過ごしているのです。」

高齢者に鬼畜の行為を働いたレアードには、驚くべきことにパートナーがおり、裁判中もそのパートナーはレアードを支えていたという。今回、フランシス・シェリダン判事は「被告が被害者女性に顔を殴られたとしても、我々裁判所は常に傷つきやすい高齢者や若者を保護しなければならない立場にある。被告の年齢で、このような高齢の女性を襲うということはまったくもって非人道的だ」として、82歳女性への性的暴行及びその他2件の女性への性犯罪で4年と2か月の実刑判決を下した。レアードは釈放後も、厳しい監視がなされるという。

このニュースを知った人々からは「自宅にまで来られた女性、ドアを思いきり閉めて奴の性器を挟んでやればよかったのに」「どこまで低レベルな奴なんだ」「自分の母親がこんな目に遭うことを考えてみろ」「高齢者の女性が抱えるトラウマが気の毒すぎる」「こんな奴、一生刑務所に入ってろ」といった批判の声が寄せられていることは当然と言えよう。

出典:http://metro.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)