SNSがなければよかったのに……。彼氏の勝手な振る舞いに傷つき、人知れず涙することもあるでしょう。お互いにSNSでつながっているなら、相手を傷つけないように配慮するのは当然! しかし、彼氏はまったく深く考えず自由に振る舞った結果、大ゲンカに発展。できれば、SNSでも誠実な態度をとってほしいですよね。
そこで今回は、SNSがきっかけでケンカに発展する理由をご紹介いたします。

友だちのなかに元カノがいた

付き合ったばかりの頃は、相手のこともよく知らないし、お互いに理解しようとするだけで精一杯になるでしょう。ところがしばらく時間がたつと、なんとなく元カノの情報も手に入って、勝手ながら彼のSNSをチェックしたりするものです。彼女としては、元カノがどんな人なのか、いちおう知っておきたいはず……。
自分から行動しなくても、彼がやたらと親密にSNSで交流している姿を見ていくうちに、なんとなく元カノであることを気づくパターンもあります。いずれにしても、元カノとはもう関係がないなら、しっかり断ち切ってほしいですよね。どうしても気になるなら彼に相談し、必要であれば友だちから外してもらいましょう。

女友だちの水着写真に敏感に反応

彼女の前では「お前しかいない」と言いながら、SNSに女友だちが水着写真をのせていれば思わず「いいね!」を押してしまうのが男性陣の傾向のようです。本人としては、彼女にバレていないつもりでも、ちょっとしたタイミングで「○○さんがいいね! しました」と勝手にお知らせされているから、SNSは怖いですよね……。
彼女が女友だちの水着写真に「いいね!」を押したことを知れば、当然ながら、怒りたくもなるでしょう。これから春夏に向けて、水着写真を増える女性も増えてきます。彼には、誘惑に負けないように、よく説得しておきましょう。

女友だちとこっそり会っていた

自分には「女性のいない飲み会だから」と言っておきながら、ちゃっかり女友だちにタグ付けされて、彼女に事実がバレる……。そのうち言い訳がみつからずに、大ケンカへ発展……。彼女としては、正直に女友だちに会いに行くと言ってほしかったのに、まったく知らない女友だちから知らされることが余計に腹立たしく思えてくるものです!
異性関係のトラブルは、SNSがきっかけになることも少なくありません。付き合った時点で、異性の友人に対してどう振る舞えばいいのかは事前に話し合っておくべきかも。

かわいい女子の投稿に必ず反応する

SNSのなかでもFacebookをよく見ていると気づくことですが、彼女がいながらもかわいい女子の投稿に必ず反応している男性がいます。本人としてはまわりにバレていないつもりなのかもしれませんが、察しがつく人はすぐに気がつくでしょう。
かわいい女子が「ディズニーに行った」「プールに行った」と書けば、すぐに「かわいいね!」「とろけるわ〜!」など、反応をする彼……。彼女が傷つくことを少しは考えてほしいですよね。彼だけではなく、あなたも男友だちへなにかコメントするときは、たとえ彼と男友だちがつながっていなくても、彼が見ている前提で書き込みましょう。

いかがでしたか?
本当は彼を信じたい。でもSNS上での彼の振る舞いは許せない……。SNSがきっかけでケンカが増えているなら、これ以上彼が勝手な行動をしないように、よく話し合いましょう。「傷つくからやめてほしい」「私が見えないところでしてほしい」など、正直な気持ちを伝えれば、彼もさすがに申し訳ないと思うはず……。