様々なジャンルの企業が自社製品にちなんだ出展や、自社イメージの特色を活かしたユニークなイベントを繰り広げることでも知られる「ニコニコ超会議2017」(千葉・幕張、4月29・30日開催)。

毎回驚きのイベントや企画が笑い要素たっぷりにニコニコ生放送にて配信されるため、配信チャンネル選びにも目移りしてしまうという状況だが、今回ストイックなまでに本格的コスプレに寄せてきたのが、「リネージュ2 レボリューション」「ナイツクロニクル」「セブンナイツ」「レイヴン」といった超本格派RPGの制作で知られるネットマーブルジャパン株式会社の手がけるNETMARBLEブースだ。

トークショーや参加型プレゼント企画、参加型イベントなどが主流となる中、ハイクオリティなコスプレイヤーを壇上に召喚し、ユーザーに向けたフォトセッションのみを行うというストイックなまでのイベントを開催したのだ。

このストイックさが功を奏し、今までにないイベントに参加したいというブースイベント開拓者たちや、カメラマンたちが続々と自慢の機材を持ち寄り集ったため、ブース内はイベント開始前より驚きの大盛況。

登壇するコスプレイヤーは当サイトでもお馴染みユリコ・タイガーや、マツコ会議出演で大きな話題となった肉体造形部Billyやken、また”ゆづき”といった超有名レイヤーが続々。さらに衣装はレイヤー界では有名な鎧職人が手がけたハイクオリティなものということで、登壇者は終始無言というイベントながらも大満足のボリュームとなり参加者らを唸らせた。

この超本格派コスプレイヤーフォトセッションイベント、次回のニコニコ超会議からは新たな定番となっていく可能性も高い。