高校生と大学生、年齢的にはほんの少しの差でしかありませんが、生活ぶりは激変します。

大学生になるまで理解できないであろう、学校生活の違いをご紹介します。

 

1.

もし大学に三者面談があると想像してみよう……。
母:「ええと、うちの息子は頑張ってるでしょうか?」
教授:「こんな学生は見たことありませんけど」

2.
最初の講義で、教授が出席は必須ではないと言った場合、その教授を2度と見ることはない。

3.

大学での私
「えっと……私は……」
「寝ようかな、シャワー浴びようかな」
「シャワーで寝られるな」
「だけどすごくお腹も減ってる」

4.

提出締め切りがPM11:59のレポートを、PM11:40に書き始めたときの気持ち。

5.
高校教師:「大学教授だったら『遅れました』なんてたわごとは絶対許してくれないぞ」
大学教授:「遅刻してすまんな、今日は講義をしようって気分じゃなかったからね」

6.
[画像を見る]
このテレビ台は1000ドル(約11万円)もする。
(大学の教科書はめちゃくちゃ高価)

7.
貧困な大学生にとっては生活はかなりきつい。
夜更けに考えることは「オレの腎臓っていくらの価値があるかな」

8.
[画像を見る]
大学生によくあるトラブル
まだ書き終えていないのに、教授が次のスライドへ移動する

9.
強盗:「財布をよこせ、さもないと撃つぞ」
自分:(死ぬと大学ローンを払わなくていいことに気付く)
強盗:「????」
自分:「まだ考えてる」

10.
[画像を見る]
講義の最初の週 VS 最終試験の週

11.
[画像を見る]
最終試験を受けに行くときの運転はこんな感じ。


気楽なような、それでいてつらいような、いずれにせよ高校までとは著しく異なるようです。
アメリカでは高額な学生ローンを背負う苦学生が多いため、金銭的な苦しさを皮肉ったものが目立っていました。

【大学生になるまで理解できない高校生との違いいろいろ】を全て見る