今日は彼とのデート。前日からついついテンションがアガって、当日もどこかそわそわとしちゃいますよね。ただ、浮かれすぎていると、いざというときのための準備が完璧でないまま待ち合わせ場所に向かうことに。デート中はなにが起きるかわかりません。ささいな場面でも女子力をみせるために、カバンの中を一度、チェックしてみましょう!
そこで今回は、デートのときに必ず用意しておきたい3つのマストアイテムをご紹介してまいります。

ばんそうこう

あなたのポーチにばんそうこうは入っていますか? 別にわざわざ用意しなくても使う場面がなさそう……と思いガチですが、これが意外と使うんです。
たとえば、ちょっとしたことでささくれができたときに、彼に「ハイ」とばんそうこうを渡してあげるだけで好感度アップ。あるいは、たまたま隣に座っていた子どもがケガをしたときも「これでよかったら」とお役に立つことができます。
彼に向けてアピールしたいなら、必ずばんそうこうは入れておくこと。彼がケガをしたときに「大丈夫?」と声をかけているだけでは、評価はどんどん下がっていってしまいますよ!

ハンカチ・タオル

最近はトイレに手を乾燥させる機械があって、ハンカチやタオルを用意しなくても“なんとかなる”ように……。ただ、いつもの調子でハンカチやタオルを入れていないと、いざというときに、また自分の評価を下げることになりかねないのです。
たとえば京都や鎌倉など、神社仏閣をめぐる旅に出たとしましょう。昔に比べたら公共のトイレはキレイになっていますが、手を乾燥させる機械は意外と置いていないもの。彼が手をびしょびしょにぬらしたままでトイレから出てきたときに、サッとハンカチやタオルを渡してあげられたら、まさに女子力をアゲたことになりますよね。
ふだん持ち歩かなくてもなんとかなるからといってカバンの中に入れずにいると、必ず困るときが訪れますよ。

ウェットティッシュ

そして忘れてはならないのが「ウェットティッシュ」。たまたま近くにトイレがなくて、手が汚れてしまうときってありませんか? あるいは風邪やインフルエンザを気にしている人なら、食事前には一度、消毒しておきたいですよね。アルコールタイプ(消毒できる)のウェットティッシュをつねに持ち歩いておくとなにかと便利。きっと彼も手をふきたいと思っているときに、サッと渡してくれる彼女を見てほれ直すでしょう。

いかがでしたか? どれも基本的なアイテムですが、最近は他のものでカバーできるようになったぶん、持ち歩かなくなっている人も多いはずです。面倒くさがらずにきちんと入れておけば、彼もきっとあなたのことを見直してくれるし、きっと離したくないとも思うでしょう。