毎年5月1日の「メーデー」3連休前後は、上半期の旅行ピークであり、それは今年も例外ではない。

写真拡大

毎年5月1日の「メーデー」3連休前後は、上半期の旅行ピークであり、それは今年も例外ではない。同程旅游はこのほど「2017メーデー3連休市民旅行消費傾向レポート」を発表した。そこには、「メーデー」期間中に中国の景勝区や周辺国へ旅行する人数が、清明節(先祖を祭る中国の伝統的な祭日、今年は4月4日)の連休の2.63倍になると予測されている。国内外へ旅行する人数は、清明節に比べ大幅に増加すると見込まれている。中国青年報が伝えた。

【その他の写真】

同程旅游が提供したサンプリング調査のデータによると、近場旅行が依然最も人気の高い旅行タイプで半数近くを占める。「長期休暇は遠出、短期休暇は近場」と言う旅行消費者行動に沿っている。しかし、「有給を使って連休を延長する」かたちで遠出する消費者も少なくない。こうした消費者が「メーデー」期間の中国国内での遠い場所への旅行や海外旅行市場を支えている。旅行スタイルもその宿泊施設や、消費スタイル、楽しみ方といった面で新たな傾向が生じている。民泊など正規ホテル以外のニーズが高まり、マイカー旅行の人気も継続的に上昇している。

携程旅遊(Ctrip)が明らかにしたところによると、今年の「メーデー」は、海南省三亜市、福建省アモイ市、広西チワン族自治区桂林市、北京市等が人気の中国国内の旅行先ランキング上位となっている。また、海外の旅行先では、東南アジア地域及び日本旅行を選ぶ旅行者が最も多かった。海外旅行ツアー行き先1位はタイのバンコク、プーケットは、中国人観光客から最も人気の高い海外自由旅行の目的地となっている。

▼中小都市のホテルは国内旅行客の予約でいっぱいに

携程旅遊提供のデータによると、今年の「メーデー」は中国国内を旅行する人数がより多いようで、「広東省広州市へ個人旅行する人数は前年と比べ300%以上増加している。また、北京へ個人旅行する人数も前年の162%増、海南省三亜市や陝西省西安市や浙江省杭州市など中小都市に旅行する人数は去年の倍以上増加している」としている。

携程旅遊提供のデータを分析すると、4月28日から5月2日までの期間中、中国国内の中小都市のホテル予約数が非常に速いスピードで一気に増加しているとしている。同関係者は、「1週間前の予約量と比較すると、約2-3倍増加しており、観光客のニーズが非常に高まっている。ここ2年間では最も高い数値と言える」としている。

ホテル選びに関しては、ホテルが提供する良好なサービス体験から、4つ星から5つ星のラグジュアリーホテルを選択する国内旅行者が最も多い。北京市、上海市、広州市を訪れる国内旅行者も同様に、ラグジュアリーホテルの選択がトップとなっており、また、中小都市を訪れる国内旅行者のうち、38%の人がラグジュアリーホテルを選択している。同データでは、「3年前まではラグジュアリーホテルを選択する人の割合が20%以下だったのと比べると、中小都市の観光客の宿泊施設に対する要求が明らかに高まりをみせている」と分析した。(提供/人民網日本語版・編集/TK)