クリストファー・メローニ

写真拡大

現在、シーズン18が放送中の大ヒット・ロングラン・犯罪法廷ドラマ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』。同作でシーズン1からシーズン12まで、エリオット・ステイブラーを演じていたクリストファー・メローニ(『トゥルー・ブラッド』『リベンジ・リスト』)が、同作への復帰には常に前向きであると語った。米AOLが報じている。

4月25日(火)にロサンゼルスで開催された環境保護運動のイベントで、ステイブラー復帰の可能性について聞かれたクリストファーは、「私はずっと復帰に関しては前向きだと言ってきたよ、状況さえ整えばね。それだけさ。最終シーズンに戻ることがあるかどうか、わからないけどね。一度もそういう話が出てきたことはないんだ。私ではどうにも決められないことだからね」と答えた。

また、先日当サイトでもお伝えしたが、元共演者で同作のパートナーであるオリビア・ベンソンを演じるマリスカ・ハージティとのツーショット写真が度々話題になることについても語った。「いやあ、石の下にじっと隠れて生きているわけじゃないからね。写真くらい撮るさ。1度マリスカと写真を撮ってSNSに掲載したら、彼女が電話してきて、"ねえ、信じられる⁉ 凄いことになってるわよ!"って言うんだよ。だからこっちも、"ああ、知ってるよ、クレイジーな数の反応だね!"と答えたんだ。それ以来ファンの人たちの反応を見たいから、たまにね、思い出してもらうためにツーショットの写真を掲載するんだ。いまだにファンがこうやって応援してくれて反応してくれることはとてもありがたいよ。いつもファンのサポートは感じていたし、理解していたけどね。この番組とその出演者である自分たちが、どれほどファンにとって大切なものかよくわかっているつもりだよ。12年もパートナーをやるっていうのは本当に長い期間なんだ」

クリストファーが去ってすでに6シーズンが経っているにも関わらず、忠実なファンと番組の人気度には感謝をしている様子。はたして、オリビア・ベンソンとエリオット・ステイブラーが再会することはあるのだろうか。『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』シーズン18は米NBCにて、日本ではFOXにて放送中。(海外ドラマNAVI)