出典:Nosh

気になる彼とLINEはしているけど、果たしてこれは脈あり? 脈なし?

ただやり取りがあるからといって、必ずしも脈があるというわけではありません。あなたとの間柄、義理や人情のなかでしている場合だってあるでしょう。

しかし、LINEのやり取りのなかには“脈なし”、つまり「男女関係には発展しませんよ」というサインが含まれているときもあるのです。

では、もし相手に脈がなかった場合、どのようなサインが込められているのでしょうか。今回は、LINEでわかる脈なしサインついてご紹介しましょう。

 

■やり取りはいつも自分から

たとえ相手からの返信があったとしても、いつも発信はあなたから……。このように、常に自分からLINEを送っている場合は、脈なしサインの危険性が高いといえます。

男性は、追われるより追うことをこのみ、脈がある状況では自然と男性が主導権をにぎっているもの。

とはいってもの、なかには草食系といわれる男性もいます。相手からのアプローチは少なくても、たまにくるのであればセーフといえるでしょう。

 

■いつも予定が合わない

予定が合わない状況がいつまでも続く、これも残念ですが脈がないと思っていいでしょう。

もし、脈があるのであれば、男性は何とかしてでも予定を作るはず。男とはそういうもの。

ですから、「いま仕事が忙しくて……」「時間ができたらこっちから誘うね」など、はっきりした日程を決めようとしない場合は、脈なしサインとなってしまいます。

何度誘っても、予定が合わない、それは脈がないと受け止めるべきでしょう。

 

■相手からの質問がない

LINEでやり取りを続けるためには、お互いが質問を投げかけ合う必要性があります。

もし、この質問があなたからの発信ばかりで、相手からはまったくなかった場合、それは脈なしサインと思っていいでしょう。

相手のことが気がかりになり、何か質問をしたくなるのが恋というもの。

相手に何も質問されないのなら、それはあなたに興味がないというサインとなってしまうのです。

 

■既読スルー、未読無視に「ごめんね」がない

既読スルーや未読無視はどうぜんながら、脈なしの可能性、大です!

また、このような場合も脈なしサインと思ったほうがいいでしょう。しばらくして返信があったとしても、「遅くなってごめんね……」とお詫びの言葉が添えられていなかった場合。

なぜなら、やもえず返信できなくても、脈がある男性であれば、必ずあなたに申し訳ないという気持ちが働くはずです。

既読スルー、未読無視に「ごめんね」がない。これはあなたに関心がない、つまり、脈なしサインといえるでしょう。

 

いかがでしたか? ちょっと残酷な内容でしたね。しかし、相手への期待が大きくなれば、脈がなかったときの傷も深くなるでしょう。

ですから、もう少しはやくから脈がないとわかっていれば、傷だって浅く済ませることができるのです。。

恋にはスパッと気持ちを切り替えることも大切。もし、脈がないと感じたときは、明るくあきらめ次の恋を求めてみましょう。(恋の占い師 そら)

【関連記事】

※ 飽きさせない秘訣!デート中に彼氏をドキッとさせるテク

※ バチェラーに聞く!エリート男子の「本命彼女」ってどんな子?

※ エリート男子との出会いの場で「してはいけない行動」3つ

※ 彼女に昇格は…?「ついエッチしちゃった女子」に対する男子の本音

※ え、ソコなの!? 男がエッチの時に見ている体のパーツ

※ 諦めるべき?「脈ナシ男子」が見せる4つのサイン