パク・ソジュン「理想の大統領?国民を最優先に考える人だ」

写真拡大

俳優パク・ソジュンが投票の意味について伝えた。

パク・ソジュンは最近、ソウル江南(カンナム) 区論硯洞(ノンヒョンドン) のあるスタジオで行われた「0509 薔薇プロジェクト」に参加し、投票と政治の意味について伝えた。

パク・ソジュンは薔薇プロジェクトに参加し、投票の本当の価値と自身が思う大統領について語った。撮影現場で理想の大統領に関する質問を受けたパク・ソジュンは「もちろん国民を最優先に考える人だ」とし「国民を先に考える人。この国の問題をきちんと見つめることができ、きちんと解決できる人を望んでいる」と答えた。

パク・ソジュンは投票の意味について「韓国の国民として享受すべき権利」と話した。また「周りの100人以上の人々と映像を共有し、投票を促す」と付け加えた。

パク・ソジュンは映画「青年警察」の公開を控えており、韓国で5月に放送されるKBS 2TVドラマ「サム、マイウェイ」の撮影で忙しい毎日を過ごしている。