スロットルのレスポンスの悪さを解消するアイテム

スロコンとは、スロットルコントローラーの略で、電子制御式スロットル搭載車のアクセルレスポンスを制御するアフターパーツの電子部品。

少し前のクルマまで、アクセルペダルとエンジンのスロットルバルブは、ワイヤーで直結されていて、アクセル開度とスロットルの開度はダイレクトに比例していた。

しかし、最近のクルマはDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)、いわゆる電子制御スロットルになっているので、アクセル操作とスロットルの開度は必ずしも一致していない。

そのことにどのようなメリットがあるかというと、たとえば、ドライバーがラフなアクセルワークを行ったとしても、ギクシャクしないように平均化するような制御が入って、走りを滑らかにしたり、エンジンが効率よく回るようスロットルを制御し、燃費向上させるといったことが挙げられる。

その反面、アクセルを開けても、スロットルが反応するまでタイムラグがあったり、アクセルを床まで踏んでも、(すぐには)フルスロットルにならなかったり、アクセルは一定なのに、スロットル量が勝手に変化したり、ハーフアクセルから少し早く踏んだだけなのに予想以上にスロットルが大きく開いて思った以上に加速しだす、といったこともある。

また、加速時だけでなく減速時も、アクセルをオフにしても、スロットルの閉じが遅れたり、アクセルを完全に戻しても、スロットルが少し開いたままの状態になるケースなどもある。

このような事情から、MT車のシフトダウン時に、「ヒール&トゥ」が上手く決まらないDBWもあり、そうしたクルマにはとくにストレスを感じることも……。

アクセル操作に対するスロットルの特性を変化させる電子パーツ

スロコンとは、DBWのこうしたアクセルワークに対するスロットルのレスポンスの悪さを解消するための電子パーツだ。多くのスロコンは、ハイレスポンスなスポーツモードやノーマルモード、ノーマルよりレスポンスは鈍くなるが、その分燃費が良くなるエコモード、オートモードなど、レスポンスを何段階かに切り替えられるようになっている。

これにより、DBWのレスポンスをよくすることで、「出だしが悪い」「途中から急に加速する」「クルマが重たい」「アクセルの戻りが悪い」「ヒール&トゥが素早く決まらない」といった不満が解消できるのが、最大のセールスポイント。

またオートクルーズの機能などがついたスロコンもあり、取り付けはカプラーオンでOKというものも多い。ただし、スロコンはスロットルバルブの開閉レスポンスを調整するパーツなので、加速フィーリングなどは体感できるほど変わるが、絶対的なパワーそのものは基本的に変わらない。

もっともエンジンは同じ回転数でも、アクセル開度によってトルクは違う。たとえば同じ4000回転でも、ハーフスロットルのときとフルスロットルのときでは、トルクはフルスロットルのほうがかなり大きい。

そういう意味では、スロットルレスポンスが増すと、ピークパワーは同じでもパンチ力やドライバビリティはかなりプラスになることが期待できる。

自動車メーカーサイドから見ると、燃費などの環境性能の向上、機械的なパーツ点数を減らせ、コスト削減、クルーズコントロール、トラクションコントロールなどの制御がラク、主にAT車の変速ショックを減らしたり、(アクセル操作に対して)滑らかな加減速を作り出しやすいなどのメリットがあるDBW。

わざわざ社外品のスロコンをつけなくても、そうした切り替え機能ぐらいは標準化しておいてほしいところだ(スバルのSI-DRIVEなどは、それに近い機能を備えたクルマもある)。