ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ

写真拡大

 タカラトミーアーツは、ウォータースライダー型流しそうめんマシン「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ」を4月27日に発売した。税別価格は1万6800円。

 2016年6月発売の「ビッグストリーム そうめんスライダー」を上回る、“走麺距離”5mを実現し、SNS映えやパーティー需要を意識して迫力ある大きさと見た目にこだわった。遊び心と機能性、実用性を認められ、日本の風物詩である流しそうめんを世界に発信する「世界流しそうめん協会」から認定を受けている。

 従来機種同様、東京サマーランドによるデザイン監修を受け、人気アトラクション「DEKASLA」の左右に振られる動きを再現した。プレイ人数は4〜10名を想定しているが、1人で流して1人でキャッチする「ソロそうめん」にも対応する。電源は単4形アルカリ乾電池2本。

 なお、「ビッグストリーム そうめんスライダー」のリニューアル版「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラ」も3月30日に発売した。

 そうめんが流れるスライダーの透明度を上げ、流れる麺を見やすくしたほか、水を貯める「プール」部分を大きくした。税別価格は6980円。

 また、人気キャラクター「ハローキティ」をモチーフに、ピンクのコースやリボンモチーフをあしらった「ビッグストリーム そうめんスライダー ハローキティ」を6月29日に発売する。税別価格は7500円。