“出家騒動”で話題となった女優の清水富美加さんと元SKE48の松井玲奈さんが漫才コンビに初挑戦した青春映画『笑う招き猫』。

29日に都内で初日舞台挨拶が行われましたが、やはり清水さんこと“千眼美子”さんは姿を見せませんでした。

飯塚健監督は映画タイトルを文字って「トラブルを招く、と言いたいところだけれど誤解を招きそうですね」と主演女優・清水さんの不在を自虐。それでも「報道でご存知かと思いますが色々とあって、だからこそ今日という日が無事に迎えられてよかったです。松井が一人宣伝の頭となって頑張ってくれた」ともう一人の主演女優の存在に感謝していました。

その松井さんは清水さんについて触れることはありませんでしたが、“○○を招く”とのトークテーマには「空耳を招く」と明かし「言葉は聞こえるけれど、理解が頭の回路でおかしくなる」と説明。この日も「トイレに入るの不可能だった!」という言葉を「福山雅治がいた!」と勝手に脳内変換したそうで「え?福山雅治さんがスペシャルゲストに来るの?ここで一曲歌ってくれるのかな?と思った。“不可能”というところを聞き間違えたみたい」と天然ぶりで笑いを起こしていました。

【関連記事】

※ 橋本マナミ、美乳のヒミツ♡「おっぱいマッサージ」をレクチャー

※ 橋本マナミ「惚れ惚れしました!」プレモルのビアガーデンイベント

※ ベッキーがLINEで繋がりたい芸能人とは?「優しい」あの人

※ 松本人志にインタビュー!「ドキュメンタル」の裏話を語る

※ 中村アン、寝坊してしまった過去を暴露!