「覆面歌王」扇子道士の正体はWINNER カン・スンユン!“帰ったらメンバーたちに叱られそうだ”

写真拡大

扇子道士の正体は、WINNERのカン・スンユンだった。

30日に韓国で放送されたMBC「僕らの日曜の夜−覆面歌王」では、歌王の座に挑戦状を叩きつけた8人の覆面歌手たちのステージが公開された。

第1ラウンドの1組では、タロットマンと扇子道士の対決が繰り広げられた。2人はバンドHYUKOH の「Wi Ing Wi Ing」を選曲した。

タロットマンは甘い蜂蜜のような歌声と手慣れた実力で視線を集めた。扇子道士は繊細な音色、拍子を自由自在に操るような余裕で注目を浴びた。

たった7票の差で2人の覆面歌手の運命が別れた。タロットマンが次のラウンドに進出することになった。扇子道士はより一層深みのある歌声でソロ曲を歌い、自身の正体を公開した。

扇子道士はグループWINNERのリーダーであるカン・スンユンだった。カン・スンユンは「メンバーたちが第1ラウンドは勝ってと言ったのに、帰ったらメンバーたちに叱られそうだ」とジョークを飛ばし、笑いを誘った。