スタイリッシュで上質!スポーツ・アクティビティ・ビークル登場

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは、BMW X1をベースにした限定車「BMW X1 sDrive18i(エックスワン・エスドライブイチハチアイ)ファッショニスタ」を2017年4月27日に発売した。

BMWならではの「駆けぬける歓び」

BMW X1は、10年にプレミアム・コンパクト・セグメントにおける初のSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)モデルとして発売。スポーティかつ力強いスタイリング、開放感ある車内空間など様々な特長を装備しながら、BMWならではの「駆けぬける歓び」を実現したモデルとして人気だという。

「BMW X1 sDrive18i」スタンダードをベースに、外装カラーにはミネラル・ホワイトを採用。また、18インチアロイ・ホイールや内装に専用の華やかなキャンベラベージュ・センサテック・レザー・シートを設定し、スタイリッシュかつ上質感を演出した。さらに、荷物で両手がふさがっていても足元の操作でテール・ゲートの自動開閉ができるオートマチック・テール・ゲート・オペレーションや、オートマチック・エア・コンディショナー、電動フロント・シート、先行車との車間距離を維持しながら自動で加減速を行うことで運転をサポートしてくれるアクティブ・クルーズ・コントロールなど、安全性と快適性にもこだわった。

全国のBMW正規ディーラーで日本全国合計270台限定で取り扱う。

価格は467万円(税込)。