5月2日(火)の「開運!なんでも鑑定団」では猪子寿之(中央)がゲスト出演/(C)テレビ東京

写真拡大

5月2日(火)に放送される「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系ほか)のゲストに、チームラボの代表・猪子寿之が登場することが分かった。

【写真を見る】猪子寿之は「番組中は、ひたすら、おもろ過ぎて爆笑だけしていました」/(C)テレビ東京

チームラボは、プログラマー、CG アニメーター、絵師、数学者、建築家、編集者など、デジタル社会のさまざまな分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。

アート、サイエンス、テクノロジー、クリエーティビティの境界を越えて活動する彼らが作り出す作品は、国内だけでなく、世界的に注目されている。

そうした活躍を見せる猪子が持参するのは、実家にずっとあったもので、曾祖父が大事にしていたものだとか。いったいどんなお宝が飛び出すのか?

■ 猪子寿之コメント

番組の依頼が来た時は、「いやいや僕はお宝なんて持ってないよ」と。でも、実家くらいには、お宝のようなものがあるだろうと思って、すぐ思い付いたものが、曾祖父が大事にしていたものです。

収録中、他の依頼人が持ち込んだお宝は、普段美術館で見る美術品とは違い、依頼人の熱過ぎる思いとセットになって、何か、鑑定された額とはもはや全く関係のない、とてもとてもステキなモノに見えてくるのが、とても不思議でした。

収録が終わった後、幼少期に祖父や祖母から聞いて、あまり理解できなかった曾祖父の趣味が、今なら何となく分かるような気がしてきて、とても不思議な気持ちになりました。

きっと、ここに持ち込まれるお宝とは、依頼人の、ある時代の人生の結晶なんだな。そう考えると、すぐに思い付いた僕のお宝は、曾祖父の話を祖父や祖母に聞かされていた、僕の幼少期の結晶で、そして、それは、今に続いているんだなと、いろんなことを考えされられたり、思い出したりしました。

まあ、そんなことを思ったのは、収録後の話で、番組中は、ひたすら、おもろ過ぎて爆笑だけしていましたが。

■ 内田久善プロデューサーコメント

国内外、さまざまな業界から注目を集める猪子さんはどんなお宝を持っているのだろうか? そんなスタッフの率直な疑問から今回は猪子さんにゲストでお越しいただく事になりました。

そして、お持ち頂いたお宝は猪子さんの普段のイメージとは少しかけ離れたものでした。どんなお宝なのかご注目頂きたいのと、いつものスタジオとは少し雰囲気が違う、今田(耕司)さん、福澤(朗)さんとの軽妙なやりとりもお楽しみいただければと思います。