写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アソビューは5月1日、ナビタイムジャパンとの連携を開始すると発表した。これにより、アソビューが提供する娯楽マーケットプレイス「asoview!」で取り扱っている情報を発信するため、ナビタイムジャパンが運営する総合ナビゲーションサービス「NAVITIME」および旅行プランニング&航空券・宿泊施設予約サイト「NAVITIMEトラベル」とのコンテンツ連携を開始する。

今回の連携により、総合ナビゲーションサービス「PC-NAVITIME」「NAVITIME」スマートフォンサイトの乗換検索結果画面にて、到着駅の周辺にある温浴施設や水族館などのチケット情報が表示され、そのままチケットを購入することが可能となる。

これによりゲストが、日常的に利用している駅周辺にある遊びスポットを発見するきっかけになったり、予定していたお出かけ先のペーパーレスチケットを事前に、よりお得に購入したりできるようになる。

また併せて、「NAVITIME トラベル」との連携を開始する。同サービスのプランニング機能にて旅行プランを作成する際に、旅行先の周辺にあるレジャー施設や体験スポットを表示し、そのままチケットの購入や体験の予約ができるようになる。また、優待チケットを活用して旅行をより楽しめるモデルプランも提供する。

これにより、ナビタイムジャパンならではのナビゲーション技術と、アソビューならではの遊びコンテンツを活かし、移動時間やレジャー・体験の所要時間などを考慮したプランを作成できるようになる。

今後もアソビューは、企業とのパートナーシップに積極的に取り組み、日本中の娯楽情報を発信することでゲストの需要を喚起し、地域の消費拡大に向け取り組んでいくという。

(山本明日美)