「50番」に込めた決意と覚悟が工藤壮人を突き動かす。追い求めるのはゴールと勝利だ【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

結果が出ない日々。工藤は壮絶なプレッシャーと戦う

 3度のJ1制覇を誇るサンフレッチェ広島が、もがき苦しんでいる。4月30日のFC東京戦で今シーズン5度目の完封負けを喫するなど、9試合を終えてまさかの16位に低迷している。北米メジャーリーグサッカーのバンクーバー・ホワイトキャップスから加入し、エースストライカーを託された元日本代表の工藤壮人は自ら希望した「50番」に不退転の決意を込めて、目の前の現実に対する葛藤とも戦いながら、サンフレッチェを浮上させるためのゴールを追い求めていく。(取材・文・藤江直人)

--

 90分間で残した自身の数字が、チームの勝敗に直結する。誰が見ても単純明快でわかりやすく、ゆえに計り知れないほど大きな責任を背負う。サンフレッチェ広島のエースストライカー、工藤壮人は相手ディフェンダーやゴールキーパーだけでなく、壮絶なプレッシャーとも戦っている。

 9節を終えた段階で、サンフレッチェは1勝しか挙げていない。4月7日のガンバ大阪戦でもぎ取った現時点で唯一の白星は、後半7分に工藤が決めた値千金の一撃を死守したものだった。ドローで勝ち点1を獲得したアルビレックス新潟との開幕戦と、ベガルタ仙台との前節でも工藤はゴールを決めている。

 翻って、ノーゴールに終わった6試合はすべて黒星を喫している。しかも、そのうち5つが完封負け。2年前のJ1王者が勝ち点5の16位に低迷し、最下位の大宮アルディージャにも勝ち点で1差に肉迫されているまさかの現実を、今シーズンから広島に加入した26歳は真正面から受け止めた。

「前回の仙台戦よりは、チャンスの数で言えば少なかったと思う。そのなかでも後半には、自分のところでチャンスを作り出したのに決め切れなかった。チームとしても正直、セットプレーで失点した場面しか相手にやられていない、という感触もあるので」

 FC東京のホーム・味の素スタジアムに乗り込んだ4月30日のJ1第9節。後半23分に与えた左コーナーキックから、こぼれ球をDF丸山祐市に押し込まれて喫した失点を最後まで挽回できない。0‐1のままタイムアップを迎えた試合後の取材エリアで、工藤は神妙な表情を浮かべた。

 工藤の言葉通りに、その右足が均衡を破る千載一遇のチャンスがあった。後半11分。高い位置でセカンドボールを拾ったDF塩谷司が、敵陣へ猛然と迫る。ペナルティーエリア内で丸山とDF太田宏介にはさまれながら、工藤はその脳裏にシュートに至る絵を鮮明に描いていた。

「イメージはできていました。ペナルティエリアの中での駆け引きは、僕自身のストロングポイントでもあるので。ただ、そこで最後に決め切るところでのクオリティというものを、もっと上げていかないといけない」

昨年もあった広島移籍のチャンス。海外挑戦への思い募り…

 FC東京のゴールキーパー、日本代表の林彰洋に背を向けた体勢で塩谷からの縦パスを呼び込む。右足でトラップしながら、時計回りに体を巧みにターンさせながらボールを右足の支配下に置く。ファウルでPKを与える恐れもあったためか、丸山と太田は激しく体を寄せることができない。

 2人の間を軽やかにすり抜け、カバーに走ってきた日本代表DF森重真人のスライディングタックルが届く寸前に右足を思い切り振り抜いた。ゴールの右隅を狙った強烈な一撃は、林が懸命に伸ばした左腕に弾かれてコーナーキックへと変わってしまった。

 林のファインセーブで止められた、前半42分の塩谷の直接フリーキックと並ぶ最大のチャンス。シュートを防がれた直後に思わず頭を抱えた工藤は下を向くことなく、毅然とした口調で自らを奮い立たせた。

「仮定の話になりますけど、今日も数少ないチャンスを決めていたら、2‐1か3‐1のスコアで勝てていたかもしれない。数が少ないといってもチャンスは作っているわけですし、1試合の中で最低でも1回か2回は訪れるチャンスを決め切る集中力というものを、攻撃陣全体でもっていかないといけない」

 小学生年代から柏レイソルの下部組織一筋で育ち、2009シーズンにトップチームへ昇格。2013シーズンに19ゴールをあげるなど順調に結果を積み重ねて、クラブのレジェンド・北嶋秀朗を抜いて、通算56ゴールでレイソル歴代最多得点者となった2015シーズンのオフに新たな挑戦を選んだ。

 北米のメジャーリーグサッカー(MLS)バンクーバー・ホワイトキャップスへの完全移籍。実はこのタイミングでサンフレッチェからもオファーを受け、実際に交渉のテーブルに就いたが、サンフレッチェの織田秀和代表取締役社長によれば「海外に挑戦したい、という理由で断られました」という。

広島のフロントを驚かせた工藤の「50番」希望

 初めての海外挑戦は17試合で2ゴールという成績で幕を閉じた。5月の試合中に相手GKと交錯して、あごを骨折する大けがを負って約2ヶ月間もの戦線離脱を強いられたこともあり、工藤としてもホワイトキャップスでの2シーズン目へ期する思いを募らせていた。

 そこへサンフレッチェからのオファーが再び届いた。アメリカでの挑戦を継続したい思いを伝えても、昨夏に浅野拓磨(シュツットガルト)が海外へ旅立ち、長くエースとして活躍してきた佐藤寿人(名古屋グランパス)も退団を表明していたサンフレッチェ側の熱意は増すばかりだった。

 そして、時間の経過とともに「自分が必要とされる場所でプレーすることがベストなのでは」と考えるに至った。サンフレッチェへの完全移籍が電撃的に発表されたのは、昨年の大晦日だった。もっとも、ここでちょっとした“問題”が発生する。

 新天地で背負う背番号として、工藤は「9番」を希望した。かつてレイソルで北嶋が背負い、2013シーズンから満を持して継承。ホワイトキャップスでも背負った、工藤にとって神聖な番号だった。

「そうなんですけど、いろいろなチームの事情があったので、そのあたりはしょうがないのかなと」

 工藤が加入した時点で「9番」をつけていたのは昨シーズンの得点王、ピーター・ウタカだった。しかし、清水エスパルスから2016シーズンに期限付き移籍で加入していた元ナイジェリア代表のストライカーは、年俸の高騰もあって契約の延長交渉が難航していた。

 最終的には今シーズンの開幕直後にサンフレッチェへ完全移籍して、そのうえでFC東京に期限付き移籍することが決まった。結果として「9番」は空いた状態となったが、もちろん開幕後まで待つわけにはいかなかった。ならばと、工藤は交渉の席で「50番」を希望してフロントを驚かせている。

工藤の背番号「50」に込められた意味

 現時点でのJリーグでは、「51番」以降の背番号は原則的に認められていない。たとえばセビージャFCからセレッソ大阪へ復帰した日本代表MF清武弘嗣は、合計して「10」になるという意味で「55番」を希望したが前述の通り規定によってかなわず、いま現在の「46番」を選んでいる。

 ならば工藤は「50番」に、どのような意味を込めたのか。FC東京戦後に胸中を聞くと、不退転の決意が込められた短い言葉が返ってきた。

「僕自身が最大限の力を発揮する、ということで。Jリーグでつけられる一番大きな番号なので」

 一番重い責任を背負う、という意思も込められているのかもしれない。9試合で3ゴールは決して悪い数字ではないものの、チームの結果が伴っていない以上は、最大限の力を発揮している状態にはほど遠い。工藤は再び表情を引き締め、鋭い視線で前を見すえた。

「僕自身もペナルティエリアの中へ侵入していく場面を増やしていきたいけど、チームの攻撃の組み立て方として、最終ラインからしっかりボールをつないでいくので。それだけに僕がペナルティエリアの中へ入っていく部分で、少し時間がかかるというところもある。

僕もまだ来たばかりですし、広島のサッカーに慣れるというところで日々勉強している部分もある。それでも細かいところまでお互いに要求し続けないけないし、選手同士のコミュニケーションというものに関しては、正直、終わりはないと思っているので」

理想と現実のはざまで。エースはゴールを追求し続ける

 広島のシステムは「3‐4‐2‐1」を基本として、相手ボールのときは「5‐4‐1」に、マイボールのときには「4‐1‐5」に早変わりする。最終ラインと前線をリンクさせる「1」を務める、キャプテンのMF青山敏弘のタクトで左右に幅広く陣取った前線の5人を機能させる。

 左右両方からサイド攻撃を仕掛けるときは相手ゴール前でターゲットマンになる動きが、縦パスが入るときはシャドーの2人とコンビネーションを駆使しながらスペースを作り出す動きが、それぞれワントップの工藤には求められる。

 難解な役割をできるだけ早く自分のものにしようと試行錯誤しているなかで、工藤は個人的なストロングポイントを生かして何とか3ゴールをあげている。林に止められたものの、FC東京戦での一撃は密集のなかでの体の使い方やボールコントロールを含めて、ハイレベルなプレーでもあった。

 もしウタカが残留していれば、前線のトライアングルでいまよりもワンランク高い攻撃力を生み出せていたかもしれない。しかし、チームの財政事情でかなわなかったいま、工藤の本当の意味での「覚醒」にサンフレッチェの浮沈もかかってくる。

「味方同士でしっかりと動いて、僕がしっかりと勝負できるところへ入っていくパターンを、最終的なイメージとしてしっかり描いていかないといけない。1回のチャンスの重みというものを、細かいところまでどのようにして追及していけるか。チーム全体で厳しくやっていきたい」

 9試合におけるサンフレッチェの総得点6は、アルディージャの3に次ぐリーグワースト2位。しかし、その半分を叩き出している工藤は、すでに必要不可欠な存在になりつつある。あとはどれだけ「50番」に込めた理想に近づけるか。逆風にさらされ、葛藤を抱き、時間とも戦いながら、工藤は愚直に前へ進み続ける。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人