米ニューヨークで行われたMTVビデオ・ミュージック・アワードの授賞式に出席したエミネム(2002年8月29日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米ラッパーのエミネム(Eminem)が1日、大ヒット曲「ルーズ・ユアセルフ(Lose Yourself)」を無許可で選挙のテレビコマーシャルに使用したとして、ニュージーランドの与党・国民党を著作権侵害で提訴した。

「ルーズ・ユアセルフ」はエミネムが主演した2002年の映画『エイトマイル(8 Mile)』の主題歌で、米アカデミー賞(Academy Award)や米グラミー賞(Grammy Awards)を受賞した楽曲。

 エミネムの代理人のギャリー・ウィリアムズ(Garry Williams)弁護士は、ニュージーランドの首都ウェリントン(Wellington)の高等裁判所で開かれた非公開審理で、エミネムが国民党に楽曲の使用許可を出したことはないと説明。2014年の選挙でテレビコマーシャルに使用した国民党は、楽曲の著作権を有するエイト・マイル・スタイル(Eight Mile Style)の権利を侵害したと主張している。

 一方の国民党側は、音楽配信サイト「ビートボックス・ミュージック(Beatbox Music)」から購入した「エミネム風」のアレンジ曲を使用しただけで、意図的な著作権侵害ではないと反論する方針とみられる。

 2014年に著作権侵害の疑いが浮上した際、国民党の選対責任者だったスティーブン・ジョイス(Steven Joyce)氏は、エミネム側の主張を一蹴していた。
【翻訳編集】AFPBB News