cinema bird(移動映画館)プロジェクトを発案し続けている齊藤工

写真拡大 (全3枚)

俳優の齊藤工(※斎藤工。cinema bird活動時の表記は齊藤工)が発案し5回目を迎える「cinema bird(移動映画館)」プロジェクトが、6月25日に熊本県の八千代座(熊本県山鹿市)で開催されることがわかった。

斎藤工が福島県で移動映画館イベント「10年後、20年後も続けていきたい」

「cinema bird」は、劇場体験の少ない子どもたちや劇場のない地域の方々に、同じ空間で感動を共有する劇場体験を届けることを目的として開催しているイベント。過去に宮城県石巻市、福島県広野町、大分県豊後大野市、福島県南相馬市で開催しており、第5回目となる今回は復興支援の思いも込め、熊本県山鹿市にある国指定重要文化財の八千代座で開催する。

本プロジェクトの発案者・齊藤は「熊本の皆様。大変遅くなってしまいましたが、くまもと復興映画祭の方々を始め、熊本県の皆様の協力のもと、この度山鹿市八千代座にて第5回のcinema bird開催に至りました。九州に所縁のある原田知世さんや古賀小由実さんにご登壇頂けるのも感慨深いです。我々も6月25日が今から楽しみで仕方ないです。一緒に特別な想い出の一日を過ごしましょう」と開催にあたってコメントを寄せている。イベントの概要は以下の通り。

【イベント概要】
■日時:2017年6月25日(日)
■場所:八千代座(熊本県山鹿市山鹿1499)
■内容:1部、2部、3部各回入れ替え制で映画上映・ライブを実施予定
※各部約3時間を予定 ※開催時間は変更になる可能性があります。最新情報は公式HPにてご確認下さい。
1部『しあわせのパン』9:00~/2部『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』13:30~/3部『シング・ストリート 未来へのうた』17:45~

開始時間、応募方法等の最新情報は下記の公式ホームページをご覧ください
https://www.tku.co.jp/event/cinemabird-kumamoto2017/