横浜FMは日産スタジアムでG大阪に8年ぶりに敗れた

写真拡大

[4.30 J1第9節 横浜FM0-1G大阪 日産ス]

 横浜F・マリノスが本拠地日産スタジアムでガンバ大阪に敗れるのは、2009年6月28日の対戦以来、8年ぶりだった。DF松原健(24)は「崩されたシーンは失点の場面くらいだった。でも結果的には自分のところでクロスを上げられてしまった。自分自身の弱さが出てしまった」と声を落とした。

「チームの雰囲気は悪くない。年間を通しての戦いになるので、こういう試合を勝ち切らないといけない。チームの雰囲気ももっともっと良くしていかないといけないと思います」

 個人的な思いを持って試合に臨んでいた。松原は4月28日に「高校時代からお付き合いしていた」一般女性と、4月24日に入籍していたことを発表。同26日のルヴァン杯は膝上の打撲で欠場したため、この日が結婚後初めての試合だった。

 ツイッターを通じても同世代のDF岩波拓也(神戸)やMF遠藤航(浦和)ら多くの選手やファンから祝福のコメントが寄せられた。それについては「本当に幸せだなと思います」と感謝したが、「勝利という結果で応えたかった。次は勝てるように頑張りたい」と話すなど、悔しさいっぱいの様子。

 ゴールデンウィークの日曜日の一戦。日産スタジアムには3万1808人の観衆が詰めかけた。ホームでの敗戦を「たくさんのサポーターに来てもらった中で勝ち点3が取れなかったのはすごく悔やまれる」と反省すると、「しっかり切り替えて頑張りたい」と次戦の必勝を誓った。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第9節 スコア速報