自宅で1500匹のタランチュラを飼育する女性(出典:https://metromerauke.com)

写真拡大

「タランチュラ」と聞くだけで、クモ恐怖症の人なら身の毛がよだつはずである。しかしインドネシアに暮らすこの女性は彼らとは正反対で、とにかくタランチュラが大好き。タランチュラはもはや恋人だそうだ。

このほどインドネシアのメディア『metromerauke.com』に大きく取り上げられたのはジャワ島西部のバンドン市に暮らしているMing Cuさんという28歳の女性。2010年に自宅の庭でカラフルで美しいタランチュラを発見して以来その虜となり、インターネットなどで熱心に写真を検索。採集が難しいとわかれば販売業者に注文し、その結果タランチュラ1,500匹に囲まれる生活に至ってしまった。

両親も最初は猛反対していたが、タランチュラに関する書籍をいくつか買って両親を懸命に説得するその情熱に圧倒され、つい首を縦に振ってしまったとのこと。タランチュラを全種類そろえたいと欲を出す彼女は、その購入にこれまでなんと55,000ドル以上をつぎ込んだ。残るはインド原産の「Trigmopoeus psychedelicus」とアフリカ原産の「Harpactira pulchripes」を購入するばかりだという。

彼らの住処は自宅の中でもとても良い部屋で、そこにガラスの瓶やテラリウムを次々と増やしているMingさん。「新鮮な水を十分に与え、健康状態をチェックすることに毎日10時間程度を費やしているわ。繁殖についても、メスがオスを食べてしまうから何度もオスを買うなど最初はとても大変だった。でもすっかり要領はつかんだわ」とのこと。幸いその趣味と情熱はビジネスとしても成功。『spiderloverpetshop.com』というサイトを立ち上げ、2012年からタランチュラの販売をスタートさせている。今ではイギリス、スウェーデン、ドイツ、ポーランドなど海外にも顧客を持ち、彼女が次々と発信する新しい標本は今ではタランチュラ愛好家の注目の的だ。

ちなみに7年間でMingさんがタランチュラに噛まれた回数は14回。毒性の弱いものであれば少し氷を当てるだけで腫れが引くが、毒性の強いタランチュラに噛まれた場合は突然の悪寒と発熱で病院に駆け込み、苦悶で眠れない日々が続いたという。それでも「ヘビよりずっと安全。私のタランチュラへの愛情は冷めることがないわ」とMingさん。「タランチュラ愛好家からは“クイーン・タランチュラ”と呼ばれているのよ。誇らしいわ」と嬉しそうに語った。もっとも彼女のプライベート・コレクションだけは「誰にも絶対に販売しない」そうだ。

タランチュラといえば、女優アンジェリーナ・ジョリーが子供たちとともにタランチュラを料理して食べていることが明らかとなり、大きな話題になっていた。コオロギ入りバーガーなど昆虫食を出すレストランがイギリスにオープンし、ブラジルの大学生はゴキブリ入りのパンを開発。世界規模で食糧難が深刻さを帯びてきている今、新たな食材として昆虫に大きな関心が集まっていることにも触れておきたい。

出典:https://metromerauke.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)