<ボランティア・オブ・アメリカ・テキサス・シュートアウト 最終日◇30日◇ラスコリナスCC(6,441ヤード・パー71)>
米国女子ツアー「ボランティア・オブ・アメリカ・テキサス・シュートアウト」の最終日。トータル8アンダーの単独首位からスタートした野村敏京は強風に苦しめられ、2バーディ・5ボギー・1ダブルボギーの“76”でスコアを5つ落とし、トータル3アンダーでフィニッシュ。同スコアで並んだクリスティ・カー(米国)にプレーオフに持ち込まれたが、6ホールに及ぶ死闘を制しツアー通算3勝目を挙げた。
野村敏京が3勝目!大会のハイライトを動画で
以下は野村の一問一答。
(アメリカツアー3勝目、率直な気持ちは?)
今日24ホールプレーして、疲れたし、楽しかったし、ああ、またやっちゃったな〜みたいな気持ちです。
(プレーオフ6ホール目の第2打、どんな気持ち、どんな選択?)
クリスティー・カーもフェアウェイの真ん中で、私も良いポジション。誰かがバーディを取らないと終わらないと思って攻めて、それが上手くいって良かった。
(クラブは?)
3番ウッド。
(グリーンに乗ったときは、勝ったと思った)
はい。
(強風の中、皆がスコアを崩した。大変だった?)
風で、結構グリーン上の距離感が難しかった。でも私には経験があるし、皆同じ条件、私は私で頑張ればいいと思ってやりました。
(全体を通して冷静にプレーできた?)
ですね。
(17番は苦しかった?)
16番がアゲンストだった。17番は番手ミス。昨日9番で打って奧の池に入った。今日も9番で届かなかった。フォローと思って打って、グリーンに行ったらアゲンストだった。でも結局は勝てたので、問題なしですね。
(17番の後の気持ちの切りかえは?)
人はミスをする。18番のパー5も残っていた。イーグルを取れば勝ち、バーディでプレーオフ。最後まで頑張らなければいけないな、と思ってプレーした。
(去年2勝、1年振りの3勝目、どんな意味を持つ?)
今年の目標がメジャー優勝、メジャーの前に優勝が来た。メジャーに近づけた気持ち。
(24ホールを1日でプレーしたのは、これまでで最長?もっと続いていても体力は大丈夫だった?)
はい、最長かな。あの後続いていても、明日に持ち越しても、同じ気持ちでやれたと思う。
(メジャーが目標?今日のタフなコンディションで勝てた事の意味は?)
コースコンディションはメジャーみたいだった。
(今季はこれまであまり上位フィニッシュがなかったが、今週はなにが違った?)
ただ楽しく、自分のプレーに集中できた。それが大事。その前はショットを考えすぎて、自分のプレーができなかったが、今週は自分のプレーが楽しくできたので優勝できたのではないか、と思う。
(17番のダブルボギーパットの前に何を考えた?)
皆同じ条件、だから(このパットを)入れるよ、大丈夫だよ、自分のできるゴルフを全部見せるよ、と考えて打った。
(それが18番のバーディーにつながった?)
私もそう思います。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「できるゴルフを全部見せる」野村敏京、絶体絶命のピンチ乗り越え歓喜の3勝目
ボランティア・オブ・アメリカ・テキサス・シュートアウトのリーダーボード
15位タイの森田理香子 下部ツアーならではの課題に「難しい〜(笑)」
昨年のリベンジ達成したキム・ハヌル「去年の経験生きた」
人気プロの写真がもっと見たい方は、「写真館」をチェック!