米首都ワシントンで行われた会合で演説する、トニー・ブレア英元首相(2017年3月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット、Brexit)に批判的なトニー・ブレア(Tony Blair)元英首相(63)が1日、政界復帰を表明した。6月8日の総選挙には出馬しないが、離脱交渉をめぐる政策議論の形成につながる政治運動を盛り上げたいとしている。

 1994年から労働党党首を務め、1997〜2007年は首相として英国を率いたブレア氏はイラク戦争への参戦を決断したことで大きな批判を浴びた。政界を去った後は中東・アフリカ問題に意欲的に取り組んでいた。

 親欧州派のブレア氏は、政界に復帰すれば激しい批判を浴びるだろうと認めた上で、それでも自らの「手を汚し」て論争の場に再び身を投じる決意を表明。有権者には、最終的な離脱条件が明確になった段階でブレグジットを再考するチャンスが与えられるべきだと述べた。

 ブレア氏は英大衆紙デーリー・ミラー(Daily Mirror)に対し、「ブレグジットがもっと政治に関与したいと思う直接的な動機になった」「手を汚す必要があり、私はそうする」と語っている。

 世論調査では、与党・保守党の支持率が最大野党・労働党を大きく上回っている。ジェレミー・コービン(Jeremy Corbyn)現労働党党首の支持基盤である左派はブレア流の政治を酷評しているが、党首時代に3回連続で総選挙に勝利したブレア氏は「未来への答えを示さなければ(選挙には)勝てない」と警告している。
【翻訳編集】AFPBB News